Appleは今秋にiPhone 8・iPhone 7s・iPhone 7s PlusとともにARメガネを発表する可能性がある、と『工商e報』が報じています。

以前からあった「Apple製ARメガネ」の噂

2016年11月には大手メディア『Bloomberg』が、「AppleはARメガネの研究開発を進めている」と報じています。

iPhoneとワイヤレスに接続でき、様々な情報をメガネに表示するようです。拡張現実(AR)アプリとの連携も視野に入れているようで、メガネを通してみる景色にアプリの情報が付け加えられるようになるのかもしれません。

すでに多くの開発者が『iOS 11』で導入される『ARKit』を利用し、ARアプリの開発に着手。その成果が日々公開されています。
【iOS 11解説】『ARKit』で何が変わる? これまでと何が違う?
→ 【iOS 11+ARKit】iPhoneで部屋の広さを測る・ARで道案内

ただ、このときのBloombergの記事では「早くても2018年に発表される可能性がある」としており、発表・発売が早まる可能性には言及していません。

iPhone 8と同時発表?

工商e報が関係者から聞いた話によれば、Apple製ARメガネは今秋にiPhone 8などと同時に発表される可能性があります。

発売も2017年内のようですが、iPhone 8と同じく、発売当初の流通量は少ないようです。2018年まで流通量は増えないとしています。

「発売は1年以上先」という情報も

8月に報じられた噂では、AppleはいくつかのタイプのARメガネを試作・テストしている、とされています。

そのうちの1つはメガネに3Dカメラを搭載し、画面は搭載しません。メガネで撮影してiPhoneで処理、その結果をiPhoneの画面に表示する方式だそうです。これがARメガネの最終的な形になるのかは分かっていません。

発売は少なくとも1年以上先になる、という点ではBloombergの情報と共通しています。

もしiPhone 8と同時発表・年内発売というスケジュールに早まったのだとすれば、その詳細が今後はさらに漏れ伝わってくると考えられます。

参考

Apple Considers Wearables Expansion With Digital Glasses - BloombergApple Experimenting With Several Augmented Reality Glasses Prototypes - Mac Rumors無比期待!傳蘋果AR眼鏡與i8同台亮相 | 科技脈動 | 20170816 | 今日焦點 | 工商e報