「ナイキ ハイパーアダプト 1.0」

写真拡大

 自動靴ひも調整機能が搭載された「ナイキ ハイパーアダプト 1.0」の国内発売日が9月23日に決定した。2色で展開され、価格は税込8万1,000円。Nike SNKRSおよびナイキ原宿、NIKELAB MA5、ドーバー ストリート マーケット銀座での取り扱いを予定する。
 「ナイキ ハイパーアダプト 1.0」はナイキの最新フットウエア技術であるアダプティブ・レーシングを採用した初めてのフットウエア。従来のフィット感に疑問を投げかけ、それぞれ人によって異なるシューレースの締め具合に応じる一足として開発され、昨年11月の全米リリース時には話題を集めた。足を入れると、かかとがセンサーにあたりシステムが稼働して紐が締まる仕組みで、シューズの側面には2つのボタンが配置されており、紐をきつくしたり緩くするなど、自分の好みに調整することができる。詳細は公式サイトで随時更新される。