レアル・マドリードのマルコ・アセンシオ【写真:Getty Images】

写真拡大

21歳アセンシオが伝統の一戦「クラシコ」で圧巻のミドルシュートを叩き込む

 レアル・マドリードは16日、スーペル・コパ杯第2試合で宿敵バルセロナを2-0で撃破し、合計スコア5-1で5年ぶりの優勝を達成した。絶対的エースのFWクリスティアーノ・ロナウドを出場停止で欠いたこの試合、度肝を抜くパフォーマンスを披露したのは、21歳の次世代スターだった。MFマルコ・アセンシオが決めた圧巻の先制点に「信じられないゴール」「フットボール界のライジングスターであることを証明した」と世界各国から賛辞が贈られている。

 見せ場は試合開始早々に訪れた。前半4分、アセンシオが敵陣でボールを受けると、約28メートルの距離から左足を一閃。矢のように放たれたボールは鋭く弧を描き、ゴール左に突き刺さる先制点となった。好セーブに定評のあるバルセロナGKテア・シュテーゲンも、あまりに強烈な一振りに微動だにできず、驚愕のゴールを前にただただ呆然と立つ尽くすこととなった。

 同39分にはFWカリム・ベンゼマが追加点を決め、試合は2-0で終了。レアルはバルサとの「クラシコ」で2連勝を飾った。

 試合後に脚光を浴びたのは、鮮烈な先制点を決めたアセンシオだった。英紙「デイリー・ミラー」は、「誰がロナウドを必要としている? アセンシオがロケットを放ち、満場一致の賛辞」と特集すると、英メディア「101 Great Goal」は「伝統のクラシコでマルコ・アセンシオが信じられないようなゴールを決めた」と報道。英メディア「Give Me Sport」は「このスペイン人がゴールから30ヤードの位置でボールを受けた際、相手選手は誰も寄せなかった。そして、彼は左足を振り抜く判断を下した」とレポートしている。

米&豪メディアも称賛「アメージングなゴール」「ライジングスター」

 さらに、米メディア「CBSスポーツ」は、「レアル・マドリードの次なるビッグスターはアセンシオだ! バルセロナ相手にアメージングなゴールを決めてみせた」と見出しを打ち、次世代のエースとして太鼓判。豪州メディア「ABC NEWS」も「アセンシオがバルセロナを完膚なきまでに叩きのめし、世界のフットボール界のライジングスターであることを証明した」と世界最高の選手となりえるポテンシャルを高く評価している。

 アセンシオは第1試合でもバルサ相手にゴールを決めており、新たな“バルサキラー”としても世界各国から絶賛の嵐が寄せられている。

 バルセロナはクラブの未来を担うはずだったFWネイマールがPSGへ電撃移籍し、大きな波紋を呼んでいるが、レアル・マドリードは度々移籍の可能性が持ち上がっているロナウドやFWギャレス・ベイルらエースがクラブを去ったとしても、次世代を担うこの若きホープがいれば、クラブの未来をさほど悲観する必要はないのかもしれない。