フランシス・ティアフォー【写真:Getty Images】

写真拡大

ジュニア時代をともに過ごした同世代のライバルを撃破、「良い気分だ」

 男子テニスのウェスタン&サザン・オープンは16日、シングルス2回戦で世界ランキング87位のフランシス・ティアフォー(米国)が同7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を4-6、6-3、6-4で下し、3回戦に進出。ATPワールドツアー公式サイトは「ティアフォーがズベレフの連勝を終わらせる」と、新たなヤングスター候補の活躍を報じた。

 米国が誇る19歳の新鋭が、怪物相手に大番狂わせを演じた。

 ティアフォーは第1セットを先取されたものの、必死にズベレフに食らいつき、第2セットを奪取。最終セットも白熱のラリーを制し、鮮やかな逆転勝利を飾った。12本のサービスエースを許した一方で、6度のブレイクに成功するなど、勝負どころでのプレーが光った。

 フルセットに及ぶ熱戦を終えたティアフォーは、ズベレフと握手をかわすと、割れんばかりの拍手の中、雄叫びをあげながら両手でさらなる歓声を煽り、勝利の喜びを表した。

 ティアフォーにとってズベレフは、U-12、U-14などジュニア時代をともに過ごしてきた同世代のライバル。今年は全豪オープン、ウィンブルドンと直接対決で苦杯をなめていたが、見事に雪辱を果たした。「ティアフォーがズベレフの連勝を終わらせる」と報じたATP公式サイトは、「これは僕のキャリアを正しい方向に変えてくれる勝利だ。彼に勝つことができて良い気分だよ」とティアフォーの喜びのコメントを紹介している。

「BIG4」に次ぐ新世代の旗頭候補として、ズベレフやシャポバロフの後を追う

 今大会はアンディ・マレー(英国)、ロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、スタン・ワウリンカ(スイス)、錦織圭(日清食品)とトップ10のうち7選手が欠場しており、男子テニス界はトップランカーに故障者が続出している。

 シティ・オープンに続き、ロジャーズ・カップでも優勝を飾るなど破竹の勢いを見せていたズベレフや18歳のデニス・シャポバロフ(カナダ)が、フェデラー、ラファエル・ナダル(スペイン)、マレー、ジョコビッッチの「BIG4」に続く新世代の旗頭候補として注目を集めていたが、ティアフォーもその1人として急浮上した格好だ。

 ATPツアー公式中継サイト「テニスTV」も公式ツイッターで、「フランシス・ティアフォーがズベレフの連勝を10で止め、ベスト16入り」と速報した。

 故障者が相次ぐ男子テニス界の“救世主”となるか。ティアフォーのさらなる快進撃に期待がかかる。