『けものフレンズ』とのタッグで話題を呼んでいるJRA(日本中央競馬会)が、今度は人気パズルゲーム『ぷよぷよ』とコラボ。8月17日(木)より期間限定WEBコンテンツ『うまぷよ』を公開しました。

競馬エンターテインメントサイト『Umabi』内にて、『うまぷよレース』と『うまぷよジャンプ』の2種類のゲームが無料で楽しめます。

1着を目指せ『うまぷよレース』

『うまぷよレース』は、「うまぷよ」(馬型のぷよぷよ)を消すことで競走馬を走らせるパズルレースゲーム。同じ色の「うまぷよ」を4つ以上くっつけて消すと、自分の馬のスピードが上がり勝ちやすくなります。“落ちゲー”というよりは、『パズドラ』に近い仕様です。おなじみの「連鎖」を狙ってライバル馬を追い抜きましょう。

「ひとりでプレイ」モードと「オンライン対戦」モードがあり、各レースで設定されたクリアノルマを超えたら1着に。キャラクタータイプによってゲットできるスコアの比率や伸び率が異なるので、どのキャラクターを選ぶのかも勝負のポイント。

「ひとりでプレイ」モードは、「京都記念」「阪神大賞典」「大阪杯」「天皇賞(春)」「宝塚記念」「有馬記念」の全6ステージを用意。ゲームを進めると隠しキャラクターのジョッキーが出現するなど、遊び込み要素も満載です。

名馬を救え『うまぷよジャンプ』

『うまぷよジャンプ』は、ジャンプする「うまぷよ」をうまく操作して、空に連れ去られてしまった20頭の名馬を救出するシンプルな縦スクロールゲーム。オグリキャップ、ミホノブルボン、シンボリルドルフ、ウオッカ、オルフェーヴルなど、歴代の名馬が登場します。

ちょっとしたスキマ時間に1人でサクッと楽しめ、歴代名馬の情報も知ることができちゃいます。

WEBコンテンツ『うまぷよ』は、11月30日(木)までの限定公開を予定。いずれのゲームもスマホとPCに対応しています。育成要素を追加したうえで、ぜひスマホアプリ化を希望したいところです。

WEBコンテンツ『うまぷよ』:
https://umabi.jp/umapuyo/

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』