【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、就任100日の記者会見で、北朝鮮に特使を送る意向があるかとの質問に、「対話の条件が整うならば北に特使を送ることも考慮できる」と述べた。

 文大統領は対話そのものが目的でないとした上で、対話するには対話のための条件が整わなければならないと述べた。また、「対話が良い結果になるという担保が必要だ。少なくとも北が挑発をやめなければ対話ムードにならないと思う」と釘を刺した。

 文大統領は「対話の条件が整ってから南北関係を改善していくことになるが、北の核問題の解決に役立つと判断すれば特使派遣も考慮することができる」と述べた。