【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、就任100日を迎えて行った記者会見で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮がレッドライン(越えてはならない一線)に近づきつつあるとし、「北がICBM(大陸間弾道ミサイル)を完成させ、これに核弾頭を搭載して兵器とすること」がレッドラインに当たるとの認識を示した。

 文大統領は、「今この段階で北のさらなる挑発を食い止めるべきだ」と述べ、国際社会がこのことを認識し、国連安全保障理事会が北朝鮮に対する厳しい経済制裁を全会一致で採択したと強調した。

 また、「再び挑発すれば北はさらに厳しい制裁に直面し、結局は耐え切れなくなるだろう。これ以上危険な賭けをしないよう、北に警告したい」と述べた。

 記者会見には国内や海外の記者250人余りが出席した。会見の様子はテレビで生中継された。