韓国・ソウルで反米デモを行う人々(2017年8月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)大統領は17日、就任100日を迎えて行った記者会見で、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐって緊張が高まっている朝鮮半島(Korean Peninsula)について「戦争は起きない」と述べた。

 文大統領は「韓国国民は総力を挙げて朝鮮戦争の廃虚から国を再建してきた」と述べるとともに、「私は何としてでも戦争を回避する」「全国民が戦争は起きないと信じて疑わないでほしい」と強調した。

 北朝鮮が米領グアム(Guam)周辺へのミサイル攻撃を検討していると威嚇したことをめぐり、朝鮮半島情勢は米朝間の舌戦のエスカレートとともに一触即発の緊迫した状況となっている。

 しかし文大統領は、韓国政府には同盟国である米国の軍事行動を阻止する事実上の拒否権があると主張。「わが国の同意なくして、朝鮮半島で軍事行動を決定できる者はいない」との認識を示すとともに、「米国とトランプ大統領は対北朝鮮でいかなる対応を取ろうとも、韓国と協議し、同意を得てから決断を下すと言明している」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News