DIYダンボールのタンテ「SPINBOX」が日本上陸か?

写真拡大

簡単に組み立てができるDIYレコードプレーヤーキット「SPINBOX」が、日本国内でもクラウドファンディングサイト“kickstarter”にて支援募集中だ。

◆「SPINBOX」 画像&映像

SPINBOXは自身で組み立てるレコードプレーヤー。パッケージ内にレコードのパーツやアンプ、スピーカーが同梱しており、特殊な機材を追加購入する必要はない。組み立ては5ステップ、約18分で完成するのがミソ。また外装にはアップル製品にも使用されている高品質、耐水性の紙素材が使用されており、軽量で持ち運びが簡単、本体にアンプ、スピーカーが内蔵しているので、microUSBで電源供給が可能だ。さらにモバイルバッテリーを持参すれば手軽にどこでもアナログレコードが楽しめるという嬉しい仕様となっている。

33回転、45回転、78回転からレコードの回転数を選択でき、7インチや10インチ、12インチのアナログレコードにも対応している。そしてラインイン/アウトを備えているので、手持ちのスピーカーやヘッドホンへの接続も可能なので、自身のオーディオシステムに組み込むことやスクラッチプレイを楽しむこともできる。

ちなみに創始者であるDJ QuestionMark はロンドン、台湾を拠点とするDJ/音楽プロデューサーで、2015年にSPINBOXチームを作り、1年以上開発に費やし数々のプロトタイプを製作してアナログレコードを楽しむことができる最高のDIYデザインを開発したという。昨年、地元・台湾のクラウドファンディングでは、SPINBOXを4,500台出荷、台湾最大のレコードコミュニティを作り上げた実績を持っている。

kickstarterではすでに希望額は大幅にクリアしているが、支援期間は残り数週間となっているので、気になる方はまずは支援の一考を。

◆SPINBOX オフィシャルサイト(kickstarter)