RIZE、<RSR>で竹中家×金子家によるスペシャルセッション披露

写真拡大

RIZEが北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージで開催された<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO>の2日目(8月12日)、セミヘッドライナーとしてメインステージに出演。Charと金子マリとの夢の親子共演を実現した。

◆RIZE ライブ画像

RIZEメンバーで5曲パフォーマンス後、「Special gust we have, Char.」とJESSE(Vo)に紹介され登場したのは、JESSEの父であり「ピンククラウド」などで活躍したギタリストのCharだ。まず、Charが60歳を迎えたときにJESSEが作詞・作曲して贈った「I’m just like you」を披露。実家の古時計が鳴るシンプルなサウンドにJESSEが父に抱く憧れを描いた歌詞が重なりオーディエンスが酔いしれる。

「竹中家(JESSEの姓)が出たので、次は金子家。」というMCで登場したのは、金子ノブアキ(Dr)とKenKen(B)の母でヴォーカリストの金子マリ。金子マリのグルーヴィーなナンバー「ありがとう」を披露し、金子ノブアキとKenKenが金子マリの伸びやかな歌声に寄り添うようにフォロー、Charの歌うようなギターサウンドが厚みを足していく。さらにJESSEがそれぞれの親への感謝、そして娘への希望をラップにのせ普段のRIZEのライブでは見ることのできないステージングでヴォーカルをしっとりと聴かせる至極のひと時となった。さらに、RIZEのナンバー「heiwa」へと続き、親から子や孫へ繋げていきたい平和への願いが込められた1曲をまさに親子で紡いだ夢のセッションを見せてくれた。

再びRIZEのステージに戻り、ラストの「カミナリ」へと突入する。通常は、名乗りを上げたオーディエンスの中からJESSEが指名し、その人が曲中のラップパートを歌唱する流れなのだが、「是非この人を指名させてください」と言い、指名を受けたのはなんと金子マリ。超貴重な金子マリのラップに会場のボルテージは最高潮に達し、Charと金子マリ、そしてRIZEによる家族の枠を越えたスペシャルパフォーマンスを終えた。

なおRIZEは、9月6日にアルバム『THUNDERBOLT〜帰ってきたサンダーボルト〜』をリリース、12月20日には東京・日本武道館での初ワンマンライブを控えている。

RIZE セットリスト
M01. ONE SHOT
M02. Good Day
M03. TKC
M04. Get the Mic
M05. KAMI
M06. I’m just like you(featuring Char)
M07. ありがとう(featuring 金子マリ, Char)
M08. heiwa(featuring 金子マリ, Char)
M09. PARTY HOUSE
M10. 日本刀
M11. カミナリ(guest rapper 金子マリ)