50代で20代とお付き合い……男性と女性、どちらが年上かで印象が変わる理由

写真拡大

皆さんは、加藤茶と仲本工事、そして故・荒井注の共通点は何かと聞かれたら、どう答えるだろうか。「ザ・ドリフターズのメンバー」であることはもちろん、実は3人とも「年の差婚」をしているのだ。このようなカップルについて、世間では賛否ある。特に男性は「若い女性をつかまえることができてうらやましい」と思う人が多い。しかし逆に、女性が年上の歳の差カップルというと、どうだろう。今や男女平等のはずなのに、同じ歳の差婚でも、男性が年上の場合と女性が年上の場合では、そのカップルを見る目が異なる……その違いはなんだろうか? そこで今回は、結婚相談所「婚活カウンセリングのリアルラブ」の代表を務める、恋愛・結婚のエキスパート湯田佐恵子さんにその理由を聞いてみた。

■立ちはだかる出産という問題

まず湯田さんは、歳の差カップルについて、近年では理解が広がった印象があるという。ただし、結婚となると話は別のようだ。

「大きな問題として、子どもが関係してきます。例えば50代と20代のカップルが結婚する場合、男性が年上で女性が若ければ男性の生殖能力は回復して子どもを持てる可能性があります。一方、逆(女性が50代)の場合、妊娠はほとんど不可能です」(湯田さん)

確かに子どもがほしいというカップルにとって、年齢は大きな問題だ。結婚は二人だけの問題ではなく、双方の家族も関係する。湯田さんは「若い20代の男性が50代の女性と結婚するといったら、男性の親は反対することが多いでしょう。それも、孫の顔が見たいという親の願いが深く関係していると思います」と分析する。

さらにそれだけではないと続けてくれた。

「男性は本能的に女性を守ってあげたいという気持ちをモチベーションとして、家族のために毎日頑張ってエネルギーをつくりだします。ただ、年齢差が大きいと親子関係みたいになってしまいがちです。女性は夫が頼れる父親みたいになってもかまわないかもしれませんが、男性は妻に母親の姿が重なると意欲が減退してしまうという面があります」(湯田さん)

歳の差カップルの結婚生活には、出産に関係する体の問題に加え、本能が関わる心の問題があるというわけだ。

■歳の差カップルの違和感は人間も動物だから!?

では、恋愛についてはどうだろう。

「歳の差を気にするかどうかは個人の価値観によるところが大きく、最初に述べたように最近は許容する人が増えていると思います。特に恋愛を単体で考える人は抵抗がないケースが多く、むしろ若い男性は一通りの経験をしたくて年上の女性を相手に恋愛したがることも多いようです」(湯田さん)

恋愛は必ずしも結婚に結びつくわけではない。しかし、年上女性のケースはやはり少数派のようだ。

「女性が年上の歳の差カップルはちょっと……という背景には、やはり出産などの問題が影響しているのでしょう。これは結婚を抜きにした恋愛にも共通していて、意識はしていなくても、本能がそう思わせているのかもしれません」(湯田さん)

女性がかなり年上の歳の差カップルというのも、もちろん悪いものではない。しかしもし、そこに違和感を覚える人がいるのであれば、それは生殖の問題が関係していると言ってよいだろう。その感覚は、「結局は人間も動物」という、本能の表れなのかもしれない。

なお、「教えて!goo ウォッチ」では、歳の差カップルの悩みを紹介する記事も公開中。併せてチェックしてみて。

●専門家プロフィール:湯田 佐恵子
婚活セラピスト、心理カウンセラー。心理学、性格学、カウンセリングやセラピーを学び、41歳で結婚。42歳で出産。自らの体験をもとに「婚活コンサルティング&結婚相談所リアルラブ」を開設。著書に『「心のブレーキ」がわかればあなたも結婚できる!』(国際語学社)がある。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)