おぎやはぎ

写真拡大

8月16日の「もろもろのハナシ」(フジテレビ系)で、設楽統(バナナマン)の地元秩父にある「ウォーターパーク長瀞(埼玉県)」で行われたキャンプロケが放送され“キャンプ芸人”大和一孝(スパローズ)のキャンプに対する熱い思いをバッサリと却下する一幕があった。

【写真を見る】矢作に「キャンプのことばっか考えてらんねぇしなー」とツッコまれた“キャンプ芸人”大和

BBQを開催しようとしていたが、突然の大雨でロケが中断。雨宿り中に以前の放送で設楽が絶賛していた秩父名物の地元グルメ「すまんじゅう」なる、あんこが入った蒸しまんじゅうをスタッフが用意。みんなで食べようとするが全員分はなく、ゲームで食べられる人を決めることに。

ここで脱落したのが小木博明(おぎやはぎ)。ゲームも負けてすまんじゅうは食べられないし、肩の怪我のせいでラフティングもできなかった。テント設営もほとんど人任せだった小木に相方の矢作兼(おぎやはぎ)が「楽しいの?来て」と質問。すると「楽しくない…」と即答。心境を語った。

しばらくすると奇跡的に天候が回復。絶好のBBQタイムとなった。ここでキャンプ専門家としてこのロケに参加していた、芸人のスパローズ大和が大活躍。調理中もキャンプ道具の説明と自慢が延々と続き、矢作から「キャンプ好きってウンチクがうるせぇんだよ」と呆れられる始末。

そんなスパローズ大和が調理した最高級和牛によるTボーンステーキが完成。そのあまりの旨さから、一同「美味い」と絶賛の嵐。さらに大和が、100円の焼肉のタレに玉ねぎをすりおろして混ぜただけの特製ソースを用意。これがまた絶品で「あのタレやばい」「超いいタレじゃん」と全員からお褒めの言葉が飛び出した。

最後はあまりにも贅沢なBBQに設楽が「つーかマジで味のクオリティが高すぎる」とコメントし、矢作も「だけどやっぱこれ、大和くんがいなかったらムリじゃん結局。それ困るね」と達人頼りになってしまったことを反省。

設楽が「でも大和くんのスケジュール空いてたら普通んときもやってくれんじゃないの?」とリクエストすると、大和は「いや、自分が楽しみたいですね本当は」とつれない返事。さらに大和が「でも、自分でこれ作ろうって1個決めて1週間過ごして食べたら最高ですよ。1週間想像しながら過ごす訳じゃないですか。そしたらよだれが尋常じゃないくらいでる」との持論を展開した。

すると矢作が一言「そんなキャンプのことばっか考えてられねぇしな」とバッサリ切り捨て、全員爆笑で番組を締めくくった。

次回は8月23日(水)、「キャンプ完結編 キャンプファイヤーで本音トーク」を放送予定。