ブラの外し方で危険を察知。レイプから身を守るステッカー

写真拡大 (全2枚)

世界では、まだまだ女性を狙った性犯罪が多発しています。

そんな現状を少しでも打破するべく、以前グリッティで紹介したデートレイプ薬を検出するネイルポリッシュに続いて、危険をアラームで知らせてくれるブラジャー用ステッカーが開発されました。

アメリカでは、98秒にひとりが性犯罪に巻き込まれている

アメリカの「RAINN(Rape, Abuse&Incest National Network)」の調査結果によると、アメリカでは98秒にひとりの割合で、女性が日常的に何かしらの性犯罪に遭遇しているとのこと。

また、毎年性犯罪に巻き込まれている女性の数は321,500人にものぼり、さらにそのなかの54%が、18〜34歳の若い世代なのだそう。

「自分で自分の身を守る必要性」を意識することが昔と比べて増えたはずなのに、それでもこんなに多くの女性が性犯罪に遭っているという事実にはショックです...。

ブラの外し方の違いを察知して、アラームで危険を知らせるステッカー

いくら自分で細心の注意を払って警戒していても、防ぎきれないレイプ被害。

そんな卑劣な犯罪を未然に防ぎ、女性を守ってくれるブラジャー用ステッカーが、マサチューセッツ工科大学(MIT)の女性研究者、マニシャ・モハン(Manisha Mohan)によって開発されました。

ブラの内側のカップに貼り付けるだけでOKの、とってもシンプルなこのステッカー。

なんと、普段の自分のブラの外しかたを認識し、いつもと違う乱暴な方法で剥ぎとられた場合には、アラームが作動し、そのあとの音声をすべてレコーディングしてくれるのです。

さらに、事前登録しておいた5人の携帯電話に、危険を知らせるメッセージが現在位置と合わせて送信されます。

自分の身の危険を、すぐにまわりの誰かに知らせることができるのは、女性としてはとても心強いし安心です。

テクノロジーを駆使して世のなかの性犯罪をゼロにする

このように、いま、テクノロジーが女性を守るための防犯アイテムとして取り入れられる例が増えてきています。

一般的にはまだまだ普及していなくても、セキュリティ抜群のアイテムがどんどん開発されているという事実をSNSでシェアするだけでも、性犯罪をたくらむ男性を威嚇することができそう。

現在、商品化が秒読み段階に入っているブラステッカーは、まさに自分専用の心強いボディーガード。身に着けることで危険に対する意識も高まります。

[Mashable Asia, HELLO GIGGLES]

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・男子学生が作ったレイプから身を守るネイル。色の変化で危険を察知

・ビヨンセみたいなフェミニストアイコンが、日本にいるとは思わない。A.Y.Aの原動力

・服はベーシック。スキンケアは全て持って行く。旅慣れ女子の旅のこだわり #sponsored