ケルン大迫の一撃が8位選出! ブンデス公式動画「超絶カウンターアタック弾10傑」

写真拡大

昨季マインツ戦で大迫が決めた、手数をかけずにゴールへ最短距離で向かう得点が選出

 スピード感に溢れ、ゴールへ一気に向かう「カウンターアタック」からの得点は、サポーターも大いに盛り上がるシーンの一つだ。

 ブンデスリーガは公式YouTubeチャンネルで、昨季生まれたカウンターからのゴールシーンをトップ10のランキング形式で紹介。ケルンの日本代表FW大迫勇也によるゴールも上位10傑に選出されている。

 大迫のゴールはブンデスリーガ最終節のマインツ戦(2-0)で生まれたもので、8位にランクインした。セルビア代表MFミロシュ・ヨイッチが自陣の右サイドで相手のパスをインターセプトすると、ドリブルで一人をかわしてから前線へスルーパスを供給。相手から遠ざかる動きで上手くDFの背後を取った大迫がゴール前まで持ち込み、最後は左足のシュートをゴール右隅に叩き込んだ。シンプルな攻撃だが、手数をかけることなくゴールへ最短距離で向かう効率の良いゴールシーンだった。

 堂々のランキング1位に輝いたのは、ブンデスリーガ第18節の対RBライプツィヒ戦でホッフェンハイムMFナディム・アミリが決めたゴールとなった。自陣ペナルティーエリア内でのピンチを守りきったホッフェンハイムは、そこから一気にカウンターへ。左サイドのドイツ代表MFケレム・デミルバイから逆サイドを駆け上がるアミリ、クロアチア代表FWアンドレイ・クラマリッチ、そして再びアミリとパスをつないでゴールに結びつけた。

 デミルバイのパスからは全てワンタッチプレーで完結する見事な一撃が、昨季のブンデスリーガにおける最高のカウンターアタックに認定された。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ブンデスリーガの公式YouTubeチャンネルで公開された「カウンターアタックTOP10ゴール」

https://www.youtube.com/watch?v=IcavKhp1oN0

ブンデスリーガの公式YouTubeチャンネルで公開された「カウンターアタックTOP10ゴール」