負傷したアンドレ・シュールレ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ドルトムントが16日、26歳のドイツ代表MFアンドレ・シュールレが太ももを負傷したと発表した。約4週間の離脱を余儀なくされることも併せて伝えており、現地時間19日に行われるブンデスリーガ開幕戦の古巣ヴォルフスブルクとの試合は欠場する見通しとなっている。

 シュールレは昨年夏、クラブ史上最高額となる3000万ユーロ(約39億円)でヴォルフスブルクから加入した。昨季は公式戦25試合に出場し5得点4アシストを記録している。

 ドルトムントでは現在、マルコ・ロイスが負傷により長期離脱の状況にある。練習無断欠席のウスマン・デンベレは出場停止処分を受けており、ヴォルフスブルク戦は欠場する予定だ。

text by 編集部