働く女性がラクして美しくなるために 産後に起業した4人のママが合同ショップ

写真拡大 (全2枚)

 これだけ働く女性が増えても、結婚・出産をきっかけに退職する女性は約6割にも上る(平成28年度版「男女共同白書」から)。自分に合った働き方をするために、産後起業した4人のママが、期間限定の合同ショップ開設に向け、クラウドファンディングを8月18日(金)からスタートさせる。4人は、ファッションブランド「Ayuwa(アユワ)」代表・渡部雪絵さん、コスメブランド「BioMedi(ビオメディ)」代表・岡本鏡子さん、シューズブランド「lelys(ルリス)」代表・豊島愛華さん、バッグブランド「RizCrutch(リズクラッチ)」の小野梨奈さん。

 産後の自分の経験から、時短アイテム(ワンピース・パンプス・クラッチバッグ・スキンケア)を開発した4人だが、その4アイテムに共通する思いは“働く女性がラクに美しくいられるためにどうしたら良いのか”。プロジェクト「女性を“ラクして美しく”!産後にモノづくり起業した女性4人の初プロジェクト始動!」では、10月31日(火)までの期間中、1,500,000円の資金調達を目指す。リターン例は、4ブランドの各アイテム、「ラク美」のランチ会チケット、バッグデザイン権など。合同ショップは、11月中旬に都内でオープン予定。