ジダンがレアル選手の電撃移籍を予告!? 「8月31日までどんなことでも起こりうる」

写真拡大

戦力に「満足」も、移籍市場の動きは「私にコントロールできない」

 レアル・マドリードは今季比較的に静かなオフを過ごしている。

 スペイン代表FWアルバロ・モラタをチェルシーに、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスをバイエルン・ミュンヘンにそれぞれ放出する一方、若手の有望株を獲得したものの、噂されているモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペなどビッグディールは実現していない。

 ジネディーヌ・ジダン監督はスカッドの今季残留方針を明かしながらも、「8月31日までどんなことでも起こりうる」と移籍市場最終日までメガディール実現の可能性があることを示唆した。レアルの公式サイトが伝えている。

 昨季リーガとチャンピオンズリーグの二冠を制したレアルは、アトレチコ・ マドリードからDFテオ・エルナンデス、ベティスからMFダニ・セバージョスを獲得。一方で、噂されていたムバッペの獲得はいまだ実現していない。

「我々は一日一日取り組んでいる。自分のスカッドと選手全員に満足している。全員残留することになる。だが、8月31日(の移籍市場締め切り)前にはどんなことでも起こりうる。それは私のコントロールできないことだ」

ベイル、アセンシオに移籍の噂が浮上

 ジダン監督はこう語った。ウェールズ代表FWギャレス・ベイルのマンチェスター・ユナイテッド行きをはじめ、バルセロナとのスーパーカップで2戦2ゴールのスペイン代表FWマルコ・アセンシオにも、アーセナル移籍の噂が浮上している。

 宿敵バルサに2戦合計5-1と完勝して、UEFAスーパーカップに続くタイトルを獲得。充実の一途を辿るレアルで、ムバッペ獲得のためにスター選手が放出となる“玉突き移籍”は発生するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images