試合前は充実した表情で入場した猶本光。ピッチ上でも気迫のこもったプレーを見せる【写真:舩木渉】

写真拡大 (全2枚)

気迫のこもったプレーの数々。勝利への貪欲な姿勢

 猶本光は、テレビカメラの前で人目もはばからず大粒の涙を流した。

 12日に行われたなでしこリーグカップ1部の決勝戦、浦和レッズレディースは試合終了間際にゴールを奪われ、劇的な形でジェフユナイテッド市原・千葉レディースに0-1で敗戦。2014年のリーグ優勝以来、3年ぶりのタイトル獲得のチャンスを逃した。

 準決勝で昨季リーグ戦とカップ戦の二冠を達成した日テレ・ベレーザに勝利して迎えた決勝、猶本のプレーからは自分が中心になってチームにタイトルをもたらす、という並々ならぬ意気込みが感じられた。

 ピッチ脇で写真を撮りながらでも、プレーに込められた気迫が伝わってきた。ボランチにもかかわらず、奪われたボールを敵陣深くまで追って体を投げ出す。プレーが切れれば手を叩いて味方を鼓舞する。誰よりも戦う姿勢を前面に押し出していた。

 後半になると、明らかにポジション取りが変わった。前半はダブルボランチ気味の低い位置からゲームを組み立てていたが、後半開始から筏井りさを後ろに残し、猶本はより高いFWに近い位置で攻撃的に振る舞うようになる。

「自分自身、前半は低いポジションをとっていたので、少し前めのポジションをとって、相手のセンターバックを前にできるように。もうちょっと2トップのマークをゆるくできたらいいなと思って、後半は少しポジションを変えました」

 前半はジェフLに押し込まれる時間もあり、思うようなゲーム運びができなかった。本来ボール支配率を高めて主導権を握ろうとする浦和Lの攻撃は、この試合に限れば前線の菅澤優衣香と安藤梢を走らせるカウンターや、右サイドバックの栗島朱里が機を見て上げるアーリークロスなど限られたパターンしかなく、苦しかった。

 その状況をなんとか打開しようとする猶本の判断が、ポジションの変更だった。彼女自身「全然ダメだった」と一言で言い切ったが、戦う姿勢も含め、過去にこれほどの力強いプレーは記憶にない。リーグ優勝を成し遂げ、年間ベストイレブンにも選ばれた2014年頃の充実していた時期を超えるパフォーマンスに思えた。

低迷した2年間。同世代は続々と代表に定着するが…

 ある後輩選手は、ジェフL戦後に「光さんは相当気合いが入っていた」と話していた。3年ぶりのタイトル獲得のチャンスでもあり、猶本にとってこれまでの遅れを取り戻すための重要な試合だったのかもしれない。

 猶本が脚光を浴びたのは、2012年に日本で開催されたU-20W杯だろう。当時、大会を放送したテレビ局が「美人選手が多い」などと、積極的に取り上げていたのをよく覚えている。その中心選手が18歳の猶本だった。

 その後、浦和Lでの出場機会確保に苦しんだが、初めて年間を通してレギュラーに定着した2014年になでしこジャパン初招集、そしてデビューを経験した。女子アジアカップの直前、5月8日に大阪のキンチョウスタジアム(長居球技場)で行われたニュージーランド女子代表との強化試合でなでしこジャパンデビューを果たす。

 しかし、それから継続的に代表から声がかかることはなかった。負傷によって万全なコンディションを維持できなかったことも原因のひとつとして考えられるが、U-20代表で共に戦った同世代の田中美南や横山久美、中里優、高木ひかりらがなでしこジャパンに定着していく一方、猶本はU-23代表での活動がメインになる。

 2016年も受難の1年だった。浦和Lが前半戦で6連敗するなど低迷したうえ、猶本自身も長期離脱でチームに貢献できず、プレーも年間を通して振るわなかった。12月になでしこジャパンの候補キャンプに招集されたが、満足のいくシーズンではなかっただろう。

 だからこそ今季にかける思いは強い。2017年4月に行われた国際親善試合のコスタリカ戦で高倉麻子体制で初めてなでしこジャパンに選ばれると、6月の欧州遠征(ベルギー戦、オランダ戦、7月末のアメリカ遠征(ブラジル戦、オーストラリア戦、アメリカ戦)にも続けて招集された。

 まだなでしこジャパンでは出場時間を伸ばせていないが、自信を深めたのか浦和Lでのプレーも昨年とは明らかに迫力が違っている。それだけに、今季ここまで取り組んできたことの集大成を披露するはずだったなでしこリーグカップ決勝の敗戦は、ただの負けではなかった。

カメラの前で流した涙の意味。目指すは「最高の景色」

 試合後にサポーターへのあいさつを終えた猶本は、ベンチの中でうずくまって動けなくなってしまった。チームメイトに励まされてなんとか立ち上がったが、目には涙が浮かび、表彰式のため整列している最中もうつむき、悔しさをあらわにしていた。

 ユニフォームからの着替えなども済ませて取材エリアに現れた猶本は、いつも通りテレビ局のインタビューに淡々と答えているように見えた。しかし、始まって1分半ほど経ったところでインタビュアーが「カップ戦が終わったが、大会全体を通してチームとして得たことはありましたか?」という質問をしたところで表情が変わった。

「みんなでつかんだ決勝の舞台だったので…」と話したところで言葉に詰まり、顔を覆って大粒の涙を流す。テレビカメラの前で時間にして1分ほど涙が止まらず、やっと落ち着いたところで「決勝に出られたというのはチームとしての成長だと思うけど、優勝できなかったというのは、まだまだ足りない部分がある。全然満足できないです」と悔しさが口を衝いて出た。

「本当に最後の最後、踏ん張れなかっただとか、思うことはあるんですけど、応援してくれている人がいるので、自分たちはもっともっと上を目指して、また上手くなって、もっといいプレーを披露したいと思います」

 猶本光という選手は、悔しさをバネに成長してきた。時に涙を流すこともあれど、それは未来の飛躍のための助走にすぎない。今回のなでしこリーグカップ決勝での敗戦もエネルギーに変換され、次の一歩への糧となる。

 試合から一夜明け、猶本は自身のツイッターを更新して感謝と決意を述べた。

「カップ戦決勝。たくさんの応援に感謝します。あるサポーターの方がこんな手紙をくれました。『悔しい結果だったけど、退屈な予定だった盆休み、夢をみさせてくれてありがとう』応援って、どんな壁にも立ち向かうパワーになる。もっともっと上手くなりたい。最高の景色を一緒に見たい。です」

 今週末からなでしこリーグの後半戦が再開する。浦和Lは首位の日テレ・ベレーザと勝ち点7差の5位につけている。残り8試合で厳しいとの見方もあるが、優勝の可能性は確実に残されている。猶本はカップ戦決勝の敗戦を糧に、応援のパワーを得て「最高の景色」を目指して走り続ける。

 夢が持つ力はとてつもなく大きい。人は涙の数だけ強くなる。次に涙を流すのは夢を叶えた時だ。

(取材・文:舩木渉)

text by 舩木渉