虐げられていると感じているクリスティアーノ

写真拡大

クリスティアーノ・ロナウドは黙っていることができないようだ。5試合出場停止が言い渡されるとロナウドはその憤慨を「虐げられている気分だ」とSNSに投稿している。

【関連記事:CR7 5試合の出場停止処分】

Instagramに投稿された内容はスーペルコパの1stレグで主審デ・ブルゴスがレッドカードを提示する写真と次のようなコメントである。
「この状況で沈黙を保つことは無理だ。5試合。明らかに大袈裟であり馬鹿げている。虐げられている。」

レアル・マドリードの抗議も虚しく厳しい判断が覆されることはなく、2枚のイエローカードへの処分としてスーペルコパの2ndレグ、主審デ・ブルゴスを押したことに対する処分としてリーグ戦の最初の4試合(デポルティーボ、バレンシア、レバンテ、レアル・ソシエダ)が出場停止になる。

なお、ロナウドの投稿で唯一ポジティブな内容は「チームメイトとファンのサポートに感謝する」である。