体がかゆくなる意外な生活習慣とは? 不快なかゆみ原因と予防法

写真拡大

虫に刺されていないのに肌がかゆくなることはありませんか?そのかゆみの原因は、栄養不足状態によるものかもしれません。

スキンケアはズボラでいい!? 皮膚科医に聞いた「お疲れ顔が“極上肌”に生まれ変わるポイント」

ダイエットのため極端に食事制限をしたり、偏食で必要量の栄養素を摂取できていなかったりすることが肌のかゆみを誘発している可能性があります。

栄養不足による肌のかゆみは、日々の生活習慣に原因が隠れていることが多いといわれています。今回は、栄養不足による不快なかゆみについて、管理栄養士の筆者がご紹介します。

そもそも、かゆみを感じるメカニズムとは?

肌にかゆみを感じるメカニズムには、ヒスタミンが関係しています。

ヒスタミンとかゆみに関して、医療法人小田原博信会 理事長で医学博士の岡村信良先生に伺いました。

「ヒスタミンは、体の中で様々な臓器に影響を与える物質で、アレルギー反応との関連も強く正常な量の分泌であれば何の問題もなく働いてくれる成分です。

しかし、ヒスタミンが必要以上に分泌されることで肌はかゆいと感じます。かゆみの原因は、アレルギーから肌のバリア機能の低下、入浴等の温度変化によること等様々なことが考えられます。

かゆみを感じるメカニズムは下記になります。」

かゆみを感じるメカニズム

肌に何かしらの害が生じるものが触れる。肌を保護する働きを担っているヒスタミンが分泌されて外部侵入者と戦う。その過程でヒスタミンが過剰に分泌されてしまった場合にかゆみを感じる。

栄養とかゆみのバランス

(1)食物繊維の摂取不足

食物繊維が不足すると、腸の機能が衰退しやすくなり、免疫力まで影響しやすくなります。

腸周辺には、免疫細胞が数多くありますが、腸の機能が衰退すると免疫細胞に悪影響が及び体全体の免疫バランスが悪くなります。

免疫力バランスが悪くなると、肌がほこりや花粉等に過剰に反応するようになり、かゆみを感じることがあります。また体内に毒素等の要らないものが溜まりやすくなり肌荒れを起こしかゆみを感じることもあります。

(2)ビタミン類の摂取不足

体がかゆくなる原因のひとつに肌の乾燥が挙げられます。
そんな肌の乾燥を予防するためにはビタミン類は必須です。

■・ビタミンC

コラーゲンの生成に必要な栄養素で、不足すると肌の乾燥を招きます。
また、肌の老化を予防する働きがあります。
肌が老化することで、肌の乾燥も誘発し、肌がかゆくなります。

■・ビタミンE

血行を促進し、新陳代謝を促進する働きがあります。また、抗酸化作用がとても強く、活性酸素から肌細胞を保護する働きも期待できます。

■・ビタミンA

角質層の天然保湿因子(NMF)の生成を促進したり、皮膚や粘膜を正常に維持したりする働きがあります。ビタミンAが不足すると角質層の保湿力が低下し肌が乾燥傾向になりかゆみにつながることがあります。

■・ビタミンB群

肌のターンオーバーを正常に維持する働きがあります。
不足すると、肌の乾燥やにきび等の肌トラブルの原因になります。

■・亜鉛

肌、髪の毛、爪等の健康を保つために必須の栄養素です。
不足すると、肌のかゆみ、湿疹、皮膚炎等を起こすことがあります。

鉄分不足でもかゆみが生じる?

鉄分の不足による貧血は有名な話ですが、鉄不足によってかゆみを生じることがあります。しかしながら鉄分不足によるかゆみの原因は解明されていません。

鉄分は、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチン等の結合組織の代謝に大きく影響を与えます。そのため鉄分が不足すると、肌の老化を促進させ、バリア機能が衰えることによってかゆみが生じるのかもしれませんね。

かゆみと栄養の関係はとても深いです。毎日バランスのよい食事を摂ることで食事、栄養面が原因となる肌の乾燥、かゆみは予防することが可能です。

逆に食生活の乱れが続くと、肌は敏感に反応してかゆみ等の肌トラブルを生じやすくなります。

肌が乾燥する、かゆい等のお悩みを抱えている場合、まずは今までの自分の食生活を見直し、改善することが症状回復への近道になりそうですね。