学生の窓口編集部

写真拡大

こんにちは、日本大学理工学部4年の@Genです。



飲食店などよくあるバイトとはちょっと変わったバイトをしたいと思っている人はいませんか? 今回はいつもとは一味変わった仕事を紹介したいと思います。それはトラック助手のバイトです。トラック助手のバイトは、トラック運転手の隣に座って、運転手の方と話をしたり仕事の手伝いをしたりする仕事です。今日は私の体験談から、トラック助手のバイトについて仕事内容とやりがいを紹介します。

■基本情報

私の時給低すぎ……本当にあったブラックバイト体験談【学生記者】

ジャンル:運送業
仕事内容:助手
時給(交通費あり・なし):時給は1000円。交通費別途支給あり
シフト:9~18時

■身だしなみについて(バイト中の服装、髪の毛の色の規定やネイル、化粧、ひげなども)

髪の毛は派手でなければ染めても問題ありません。大きめのピアスは外したほうがいいと思います。服装は制服が貸し出されるので、作業着等を持っていく必要はありません。

■バイトで学んだこと

まずトラック助手とはどんな仕事をするのか、具体的に紹介します。トラックは大きいため、運転する際に運転席から右横・右後ろがよく見えませんよね。助手がいると右に曲がるときに右横・右後ろを確認できるので、巻き込み事故を防ぐことができます。また積み下ろしの仕事をする際にも、一人で重い荷物をたくさん運ぶよりも2人でわけたほうが安全です。運転手は帰りも運転しなくてはならないので、疲労度を考えると2人で積み下ろしをしたほうがいいですよね。

トラック助手のアルバイトからは、人生を学べます。トラックの運転手の方と一回のバイトでだいたい8時間は一緒にいるので、なぜトラック運転手になったのか、などさまざまなことを聞けるいい機会です。バイトの際はトラック運転手の人と仲良くなっておくと、いろいろ助けてくれます。

■バイトをやっていてつらかったこと

長時間2人だけの空間で過ごすことになるので、話下手な人だとつらいかもしれません。また、トラックはそこまで快適ではないので、座りっぱなしで腰が痛くなることも多々あります。

一番私が気を遣ったのが、運転手の人が運転しているのにその横で眠くなってしまうことです。「寝ていいよ」と声をかけてくれる人がほとんどですが、運転手の方が気を張って運転しているのに、一人だけ疲れたからと言って眠るのは相手に失礼な気がして寝るに寝られなかったです。

■おすすめポイント

普通に生活していれば、大型トラックに乗った経験がない人がほとんどだと思います。大型トラックに乗ると景色が変わります。普通の車より2倍も高い位置から地上を見下ろすことになるので、遠くまで見えてとてもきれいです。その代わり、橋を渡る際は下が見えすぎて少し怖いと思うこともあります。トラック助手のバイトは基本的に移動距離がとても長いので、ちょっとした小旅行に行った気分にもなります。春や秋は山の木々にもに変化がありとてもきれいなのでおすすめです。

■まとめ

トラック助手のバイトは、人と話すことが好きな人やちょっと遠出したくなった人にはおすすめの仕事だと思います。しかし、運転手の人との相性によってはつらい思いをすることも……苦手な人と8時間も同じ空間にいるのは大変です。とはいえ、めちゃくちゃ悪い人や嫌がらせをしてくるような人はいませんのでご安心を。きっと楽しく仕事ができると思いますよ。興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

文・@Gen