土屋アンナの食美容術! 朝食と夕食に食べるものとは?

写真拡大

 みなさんは普段の食生活の中で、朝食と夕食とで食べるものを分けていますか?

そもそも、朝は食べられないという人もいますし、比較的軽めにという人は多いかと思います。また、食事の時間もそれほど取れませんから、ある程度決まったメニューになりがちだと思います。

一方、夕食は自由度が高いため、がっつりとなりがちですよね。とはいえ、遅い時間に食べ過ぎると太るともいわれていますから、あえて軽めにしている人もいますよね。

このように、何を食べるかは人それぞれですが、美容面でプラスになる食べ方をしたいものです。

 モデルで歌手の土屋アンナさんは、朝食は「フルーツのみ」といいます。ただ、時短のためにドライフルーツをいただくのだとか。食べ方は、紅茶にドライフルーツをたっぷり入れ、ちょっとだけ蜂蜜を入れるそうです。

朝食といえば、ご飯に味噌汁、焼き鮭、目玉焼きの典型的な和食か、トーストにスクランブルエッグ、コーヒーなどが定番。それに比べて、ドライフルーツティーとはオシャレですよね。

 また土屋さん、夕食は「胃腸にいいから」とのことでキャベツを食べ、その後、タンパク質の多いものを食べるのだそう。キャベツは普通に生でざく切りにしているのだそうですよ。

 管理栄養士の渥美真由美さんの著書「不調・健康・美容に効く! 体においしい はじめてのスムージー150」(西東社刊)によれば、キャベツにはビタミンUである「キャベジン」が含まれており、胃酸の分泌を抑えて、壊れた胃粘膜を修復してくれるのだとか。

 土屋さんの食べ方には、実はこんな嬉しい効果があったようですね。