画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ホンダ エアクラフト カンパニー(以下、HACI)は現地時間の8月8日、ホンダジェットがブラジル連邦民間航空庁(ANAC)から型式証明書を受領したと発表した。この発表は、8月15〜17日にかけてコンゴニャス国際空港で開催されている、南米最大の航空ショー「2017 LABACE(Latin America Business Aviation Convention and Exhibition)」で発表された。

ホンダジェットのブラジルでの型式認証は、米国連邦航空局(FAA)、欧州航空安全庁(EASA)、メキシコ民間航空総局(DGAC)、カナダ運輸省(TC)に次ぐもの。HACIは2015年、ブラジルの顧客にホンダジェットの販売および各種サービスを行うため、リダーアビエーション社(以下、Lider社)を独占販売会社に任命。ブラジル・ベロ オリゾンテ市に本社を置くLider社はブラジル全土に21拠点を有し、プライベート航空機に関する南米最大かつ世界有数の運航・サービス会社となっている。

ホンダジェットは8〜9月にかけて、ドミニカ共和国、プエルトリコ、トリニダード・トバゴ、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、コロンビア、パナマ、ニカラグア、グアテマラを含む中南米を巡る。