ともに1981年生まれであるポーランドへ移籍した松井大輔(左)と今季限りでの現役引退を発表した石川直宏(右)【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「谷間の世代」というありがたくない称号

 1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。同世代の代表的選手ともいえる石川直宏、松井大輔がキャリアのなかで重要な決断を下した今、81年組の面々に今一度フォーカスしたい。(文:元川悦子)

----------

 今月に入って石川直宏(FC東京)が今シーズン限りの引退を表明。その傍らで、松井大輔がポーランド2部・オドラオポーレへ移籍と欧州再挑戦に踏み切った。2人はご存じの通り、1981年生まれの同級生である。

 阿部勇樹(浦和)、駒野友一(福岡)、佐藤寿人(名古屋/82年の早生まれ)のようにJリーグの舞台でコンスタントに戦っている者がいる一方で、鈴木啓太(元浦和)、高松大樹(元大分=現大分市議会議員)のようにピッチを離れた者もいて、81年組の生きざまは実にさまざまだ。

 彼らは10代の頃から「谷間の世代」というありがたくない称号を与えられてきた。小野伸二、稲本潤一(ともに札幌)、高原直泰(沖縄SV)、小笠原満男(鹿島)、遠藤保仁(G大阪)ら79年生まれの「黄金世代」が、99年ワールドユース(ナイジェリア開催。現U-20W杯)で準優勝した後に続く世代ということもあって、もともと風当たりが強かったのだ。

 この呼び名が決定的になったのが、2001年ワールドユース(アルゼンチン)だった。同大会でグループステージを突破できず、しかも序盤2戦で敗退が決まるという不甲斐ない戦い方をしたことで、彼らはより冷たい視線を浴びることになった。次の2003年UAE大会で今野泰幸(G大阪)、川島永嗣(メス)らを軸に据えるチームが8強入りしたことで、彼らの立場は一段と厳しくなったのである。

 加えて言うと、82年生まれの大久保嘉人(FC東京)や田中達也(新潟)らを含めたアテネ五輪代表の成績も、芳しいものではなかった。山本昌邦監督(現解説者)が2002年に同代表チームの指揮を執り始めた頃、当時のJリーグ最強軍団・ジュビロ磐田との練習試合で0-7の惨敗を喫したのが、1つの象徴的な出来事だった。

 この試合のスタメンには茂庭照幸(C大阪)、駒野、石川、鈴木、阿部、松井、田中達也とそうそうたる面々が揃っていたにもかかわらず、まるで歯が立たなかった。彼らは実力不足を嫌というほど突き付けられたのだ。

南アW杯では5割を占めたアテネ世代

 それでも、直後の2002年アジア大会(韓国・釜山)での準優勝を経て浮上のきっかけをつかみ、田中マルクス闘莉王(京都)の帰化などで選手層が厚くなる。UAEラウンドで原因不明の集団下痢事件が起きた2004年アテネ五輪アジア最終予選を乗り越えて、何とか本大会切符を手に入れた。

 だが、「黄金世代」に特別な思い入れのあった山本監督は五輪本番に向けて、小野と曽ケ端準(鹿島)を招集。最終予選でキャプテンを務めた鈴木を外した。そのマイナス影響もあったのか、初戦・パラグアイ戦でつまずき、イタリア戦で連敗となり、早々とグループステージ突破の夢がついえることになった。第2戦での敗退は、2001年ワールドユースと同じ。「谷間の世代」はその後も重い十字架を背負わなければならなくなったのだ。

 2006年ドイツワールドカップの後、日本代表の指揮を執ったイビチャ・オシム監督が阿部、鈴木啓太、駒野らを軸に据えた時も、「黄金世代が多かったジーコジャパンより期待が薄い」というネガティブな見方をされていた。

 オシムジャパン時代には、本田圭佑(パチューカ)、伊野波雅彦(神戸)ら北京五輪世代も徐々にA代表に呼ばれ始め、81年組は上と下の板挟みになりつつあったから、低評価もやむを得なかった。

 けれども、こうした苦境にめげず、「谷間の世代」はじっと耐え、ブレずに地力を蓄え続けた。オシム監督が倒れ、2008年から岡田武史監督(FC今治代表)が再登板した後もその流れは続いた。

 日陰の存在であり続けた「谷間の世代」が一気にブレイクしたのが、2010年南アフリカワールドカップだった。日本は国外開催のワールドカップで初めてグループステージを突破し、ベスト16まで進んだ。

 その主力に名を連ねたのは、闘莉王、駒野、阿部、松井。1つ年下の大久保と川島、2つ年下の長谷部誠(フランクフルト)を含め、出番のなかった岩政大樹(東京ユナイテッド)も81年組の早生まれであり、出番の少なかった今野、矢野貴章(新潟)もアテネ世代。登録メンバー23人の5割近くを占める一大勢力となったのだ。

今こそ彼らの実績と能力を再評価すべきではないか

「谷間の世代」は「黄金世代」よりも日本代表の主軸に上り詰めるまでの時間はかかったかもしれないが、彼らには上に引けを取らない潜在能力があった……。そんな前向きな評価が急増したのも事実だろう。

 アルベルト・ザッケローニ監督が率いた時代も、チーム発足当初は闘莉王、阿部、松井、岩政が名を連ねていた。岡田監督時代にあまり重用されなかった前田遼一(FC東京)も招集され、1トップに定着する。2011年アジアカップ(カタール)以降も岩政と前田はコンスタントに呼ばれ、呼び戻された駒野も重要な局面で起用された。

 2012年9月の2014年ブラジルワールドカップアジア最終予選・イラク戦(埼玉)では、駒野のスローインを受けた岡崎慎司(レスター)が蹴り込んだクロスを前田が頭で押し込んだ1点で貴重な勝ち点3を挙げている。

 駒野と前田の2人はブラジル本大会には行けなかったものの、最終予選までは際立った働きを見せていた。そして本大会には82年生まれではあるがアテネ世代の生き残りである大久保がサプライズ選出され、ラストサムライとしてワールドカップの大舞台に立った。

 このように、81年組は約10年間に渡ってオシム、岡田、ザックという3人の代表指揮官に要所で大きな仕事を託されてきた。2014年ブラジルワールドカップ以降、代表招集はほぼなくなったが、Jリーグでいぶし銀の活躍を見せている。

 81年組の選手が36歳になる今年、Jの舞台で恒常的にピッチに立ち続けている選手は79年組の36歳時点より多いかもしれない。今こそ彼らの実績と能力を再評価すべき時期に来ているのではないだろうか。

 81年組の生きざまを振り返ることは、日本サッカー界の大きな糧になるはず。「谷間の世代」と呼ばれた面々に今一度フォーカスし、その存在価値を再検証してみたい。

(文:元川悦子)

text by 元川悦子