今季2つ目のタイトル獲得に満足感を示しジダン「ここまでは素晴らしいシーズンの入り」

写真拡大

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、スーペル・コパ優勝に喜びを示している。『フットボール・エスパーニャ』が、伝えた。

▽敵地で行われた1stレグを3-1と先勝していたマドリーは、16日にサンチャゴ・ベルナベウでバルセロナとの2ndレグを迎えた。開始早々の4分にアセンシオのゴールで先制すると、39分にはベンゼマが試合を決定付けるゴールを奪う。後半こそゴールを奪えなかったが、2-0で勝利したマドリーは、2戦合計5-1としてスーペル・コパのタイトルを獲得した。

▽試合後の会見に出席したジダン監督は、UEFAスーパーカップに続き、今季2つ目のタイトルを獲得できたことに喜びを示した。

「UEFAスーパーカップを獲得したチームであるという覚悟が必要だった。この難しい2試合を制して、今季2つ目のタイトルを獲得できて嬉しく思う。ここまでは素晴らしいシーズンの入りだと思っている。今日の前半はプレッシング、そしてポゼッションでも満足できるものだった」

「このチームは自分たちのことを信じている。バルセロナを相手に素晴らしい試合をしたし、相手を苦しめていた。選手たちの懸命なプレーが2つのタイトルに結びついたのだ。どの試合も簡単ではなく、だからこそ自信につながるし、この調子を維持したい」