レスター・シティに所属するアーメド・ムサ【写真:Getty Images】

写真拡大

 レスター・シティに所属する24歳のナイジェリア代表FWアーメド・ムサが、イングランド2部のハル・シティにレンタル移籍する可能性が浮上した。16日に英紙『レスター・マーキュリー』が報じている。

 今夏の移籍市場で、レスターはイングランド3部コベントリー・シティからジョージ・トーマス、マンチェスター・シティからケレチ・イヘアナチョの2人のFWを獲得していた。レンタル先のイプスウィッチ・タウンからトム・ローレンスも復帰したため、ジェイミー・ヴァーディーやイスラム・スリマニ、ムサやレオナルド・ウジョア、そして岡崎慎司も合わせるとFWの人数は合計8人になった。

 今後は過剰戦力を減らすためFWの売却に動くと考えられている。まず最初にターゲットとなったのがトム・ローレンスだ。移籍金700万ポンド(約10億円)でクラブ間合意に達し、イングランド2部のダービー・カウンティに放出される見通しとなっている。

 同紙によると、次のターゲットとなっているのがムサとのこと。ハル・シティを率いるレオニード・スルツキー監督が同選手の獲得を望んでいるようだ。レスターはムサをCSKAモスクワから獲得する際1600万ポンド(約22億円)を支払ったため、完全移籍でハルに放出する場合は同等の移籍金を要求すると考えられる。ただ、ハル・シティ側はレンタルでの獲得を希望しているようだ。

 ムサはCSKAモスクワに在籍時、スルツキー監督のもとで4年間プレーしていた経験がある。レスターで出場機会がないのであれば、恩師のもとでプレーしたいと考えるかもしれない。

text by 編集部