ミラン元10番が「個人的な理由」で契約解除 長谷部や鎌田と同僚になる可能性も

写真拡大

ラス・パルマスと2020年までの契約延長で合意していたが…

 ACミランで日本代表FW本田圭佑がつける前に「10番」を背負っていた元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテングが、スペイン1部ラス・パルマスから退団することが決定した。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 ボアテングは2013年にミランを退団すると、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケに移籍したが2シーズンで退団。その後は浪人生活となったが、16年1月にミランへ加入して半年間プレーし、昨季ラス・パルマスに入団していた。シーズン途中に2020年までの契約延長に合意し、中心選手としての歩みを進めているかに思われたが、その3カ月後に思わぬ事態になった。

 クラブは契約解除について「選手の個人的な理由によるもの」としている。フリーとなったボアテングだが、ドイツ紙「ビルト」やドイツ誌「キッカー」によると、フランクフルトのニコ・コバチ監督が獲得を望んでいるという。交渉がまとまれば、日本代表MF長谷部誠やMF鎌田大地とチームメイトになるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images