Twitterユーザーのおおだまっちゃ(@oodama_a)さんが投稿したエピソードです。

ある幼稚園では、夏の前に日本の怖い昔話『耳なし芳一』の読み聞かせをするのだそうです。

『耳なし芳一』

阿弥陀寺というお寺に、芳一という盲目の琵琶弾きがいました。

芳一が琵琶のけいこをしていると、どこからともなく武士が現れ、屋敷に来て演奏を披露するように求めます。

たびたび武士の屋敷に行く芳一の異変に気付いたのは、阿弥陀寺の和尚。

和尚は芳一が平家一門の怨霊にとりつかれていることを知り、芳一の全身に般若心経を書き込みます。

こうして、芳一の姿は怨霊に見えなくなりました。

ところが、芳一を屋敷に迎えに来た怨霊は、芳一の姿が見えないことに怒ります。

ただ、和尚が般若心経を書き忘れた耳だけが見えていました。怨霊は芳一の耳をもぎ取って持ち帰ってしまったのです…。

幼稚園の先生にそれを聞き、おおだまっちゃさんが「やっぱり、幼稚園でも怪談で涼しさを?」と尋ねたところ…。

先生から、意外な答えが返ってきました!

「日焼け止めや虫よけの塗り残しがないように、必死に耳をマークするし、子ども同士塗り残しがないか相互チェックしてくれてラク」

園児たちが上手に日焼け止めや虫よけを塗れるようにするための、ナイスアイディア!

園児全員に、塗り残しがないかどうか先生が確認するのは大変。日々、子どもたちと接している先生ならではの発想ですね。

[文・構成/grape編集部]