U16は光崎楓奈が全日本初優勝、U18は佐藤南帆と内島萌夏が16歳同士の決勝へ [全日本ジュニアU18&U16女子]

写真拡大

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」(8月8〜17日)の9日目、大阪市・靱テニスセンターではU18のシングルス&ダブルス準決勝および、U16、U14、U12のシングルス&ダブルス決勝が行われた。

 U18の女子シングルスでは、第4シードの佐藤南帆(有明ジュニアTA)が第1シードの本玉真唯(日出高)を6-2 6-1で一蹴し、ノーシードの内島萌夏(昭和の森ジュニアTS)が第3シードの内藤祐希(TEAM YONEZAWA)を6-2 7-6(4)で破った。

 U16の女子シングルス決勝は、第3シードの光崎楓奈(h2ETC)がノーシードの今村咲(JAC Project)に6-3 1-6 7-6(5)で競り勝ち、初の全日本タイトルを手にした。

◇   ◇   ◇

 16歳の佐藤が、優勝候補の筆頭だった17歳の本玉に勝利------。それはもちろん、ありえないことなどではなかったが、両セット合わせて失ゲーム3というスコアは予想外だった。

 U14、U16と制してきた本玉は、数々の全国タイトルに加え、2年前にはITFの〈グレードA〉にあたる大阪のワールドスーパージュニアでも優勝した経験があるが、ジュニア最後の年となる今年、U18の全日本タイトルには強い思いを抱いていた。

「やっぱり全日本はU18の優勝で終わりたいし、プレッシャーの中で勝つことも大切。全米オープンにいい流れをつくっていきたいという気持ちもあります」

 しかし、大会中に何度か口にしていたバックハンドの崩れに対する不安が露呈した。大事なポイントであればあるほど、自信の揺らぎはショットの精度や判断力に影響した。そして、全日本ジュニアではこれまで3つの年代を制覇してきている佐藤は、それをごまかしながら勝つことはできない相手だったということだろう。

「(本玉は)いつもよりもミスが多いと感じました。それにも助けられて、大事なところを取ることができたので、自信を持ってプレーできました」と佐藤。確率が上がったというファーストサービスと、両手打ちの安定感あるストロークでポイントを重ねる。第1セットを3-0から第5ゲームでブレークバックされて3-2となったあと、もう一度ブレークして引き離せたところを自己評価した。 

 佐藤はこれで全日本ジュニアの全年代制覇に王手。同じ16歳の内島との決勝戦に、10年ぶりの快記録がかかる。

◇   ◇   ◇

 ノーシードの15歳・今村が、過去ベスト8が最高だった全日本ジュニアの初優勝に迫っていた。第1セットは光崎が6-2で先に奪ったが、第2セットを6-1で奪い返し、最終セットも3-0とリードする展開からは、確かにそう見えた。しかし、「今日は粘ることしかできなかった」という光崎がじわじわと挽回していった。

 167cmの長身とリーチを生かし、両手打ちから伸びのあるボールを放つ今村に対し、小柄な光崎はフットワークが生命線だ。我慢強いラリー戦の中でアグレッシブなショットを効果的に繰り出す。ただ、この日は「相手のミス待ちになって、攻撃的なテニスができていなかった」と悔やむ。

 そんな中でも、最終セットの逆転のきっかけとなったのは、光崎が右肘の治療のためにとったメディカルタイムだ。テープを貼り、気分を変えてふたたびコートに入った光崎に対し、「言い訳になるので言いたくはないけど、私には嫌な"間"になった。勝っているのに焦りが出てしまいました」と今村。そこから光崎が3ゲームを連取してイーブンに戻すと、最後はタイブレークまでもつれた。

 そのタイブレークも、今村の4-3から光崎が3ポイントを連取し、2つ目のマッチポイントをものにした。競ったスコアで初めて手にした全国レベルの優勝のわりに勝利のリアクションは地味だったが、それは納得の内容ではなかったから。心からのガッツポーズは、それにふさわしい日にとっておく。

(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美) 

※写真は「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」の16歳以下女子シングルスで優勝した光崎楓奈(h2ETC)(撮影◎江見洋子/テニスマガジン)