2017白頭山偉人称賛大会(2017年8月16日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の平壌で13日から「第5回白頭山偉人称賛国際祭典」が開催されている。15日には、「2017年白頭山偉人称賛大会」が行われた。朝鮮中央通信が伝えた。

白頭山偉人称賛大会は2015年10月に、金日成主席生誕105年、金正日総書記生誕75年にあたる2017年に開催すると発表された。金日成・正日氏を称えると同時に、金正恩氏の権威を高める狙いがあると見られる。

大会には、金永南(キム・ヨンナム)、金己男(キム・ギナム)、李洙墉(リ・スヨン)、金貞淑(キム・ジョンスク)の各氏が参加。大会関係者や、国際団体の代表団、駐朝各国外交代表部のメンバーなど同席した。

大会の国際準備委員会共同委員長のピーター・ウッズ都市・地方政府連合アジア太平洋地域大使が報告し、ネパール左派共産党(CPN-ML)のC・P・マイナリ書記長、2017年白頭山偉人称賛大会国際準備委員会共同委員長である朝鮮民主主義人民共和国との友好・文化協力ロシア協会のビクトル・ペトロフ委員長が演説した。

大会の朝鮮準備委員会委員長である対外文化連絡委員会の金貞淑氏が、大会に関わった代表団などに謝意を表した。また、金正恩氏に第5回白頭山偉人称賛国際祭典の参加者が送る手紙が採択された。

16日付の労働新聞は大会に合わせて、「金日成主席と金正日総書記は卓越した思想と指導で祖国と民族に永遠不滅な業績を積み上げた」と激賞する署名入りの論説を掲載した。

大会の準備委員会は15日、第5回白頭山偉人称賛国際祭典の参加者のために平壌の人民文化宮殿で宴会を催した。

金正恩氏に、大会の英国準備委員会、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会、日朝友好活動家代表団、シンガポール朝鮮交流会が、第5回白頭山偉人称賛国際祭典に際して、花籠を送った。また、第5回白頭山偉人称賛国際祭典の参加者も、金正恩氏に花籠を送った。