キャンプから危機的状況でのサバイバルまで『Survival Belt』【今日のライフハックツール】

写真拡大 (全2枚)

キャンプなどアウトドアでは、なるべく携帯する荷物を減らしたいもの。しかし、いざという時のことを考えると、アイテム数は増えてしまいがちです。

十徳ナイフのようにコンパクトな中に色々なアイテムを詰め込んだツールは、こうした問題に対する解決策となりますが、『Survival Belt』もそんな多機能ツールの一種。ナイフ、火打ち棒、LEDライト、栓抜きを内蔵したベルトです。

ベルトは常に身につけているものなので、持ち運ぶことに全く負担がありません。

ただし、利用する時にはベルトを外さないといけませんので、ズボンはピッタリサイズのものを着用しておいたほうが良さそうです。

Image: SlideBelts

4種のアイテムのうち、特にユニークなのが火打ち棒。紙や乾燥した薄い木片があれば、マッチやライターが手元になくても、火を起こせます。

万が一、冬期に大規模災害が起こった場合でも、これがあれば生存率を高められるでしょう。

ナイフの刃渡りは約3.2cm。これ1本ですべての用途に対応できるとまでは言えませんが、非常用としては確実に役立つと思われます。

価格は150米ドル(約16,400円)にプラスして、送料21.61米ドル(約2,400円)が必要ですので、ベルトとしてはやや高いという印象もあります。しかし、それぞれのアイテムを購入することを考えれば、充分にリーズナブルと言えるでしょう。

Survival Belt | SlideBelts

Image: SlideBelts

Video: Survival Belt 1, 2 / YouTube