さっぱり豚汁

写真拡大

豚汁は、体が冷える寒い時期によく食卓に上がるメニューですよね。今回は、暑いときでも食べたくなるような豚汁をご紹介します。豚肉は疲労回復にもぴったりなビタミンB1を多く含んでいる食材。簡単にできるアレンジでいろいろな豚汁をお楽しみください。

ほかにもいろいろ!「豚汁のレシピ」をチェック!

■ 疲れた体にビタミン補給、疲労回復にぴったり「さっぱり豚汁」

<材料2人分>

豚ロース薄切り肉…100g、油揚げ…1枚、オクラ…3本、すだち…適宜、おろししょうが…小さじ1/2、だし汁…2カップ、塩、みりん、しょうゆ、粗びき黒こしょう

<作り方>

1.油揚げはさっと湯通しし、ペーパータオルで水けをふき、1cm幅に切る。オクラは塩適宜をふって板ずりし、水洗いして薄い小口切りにする。すだちは輪切りに、豚肉は一口大に切る。

2.鍋にだし汁、みりん大さじ1/2、しょうゆ小さじ1/2を煮立て、豚肉を入れて煮る。油揚げとオクラを加えてひと煮立ちさせ、おろししょうがを加えて混ぜる。

3.器に盛ってすだちを散らし、こしょう少々をふる。

オクラは板ずりして、表面をなめらかに。仕上げに入れるさわやかなすだちの香りがポイント。

■ 時間がないけど豚汁が食べたいときには「簡単豚汁」

豚バラ肉をごま油で炒めることでコクがアップ。小松菜で彩りを加え、短時間でさっぱりした豚汁の完成です。

■ 豚汁だけで満腹になれる「豆腐ときくらげのカレー豚汁」

暑い夏にはカレー豚汁。豆腐やきくらげで満足感があります。カレー風味の豚汁という珍しい組み合わせがクセになります。

■ 夏を乗切るパワーをニンニクでチャージ「スタミナ豚汁」

里いもやごぼうの根菜類が入っているので、ボリューム満点。すっきりとした味わいでにんにくの風味が引き立ちます。

■ レタスを入れてさっぱり仕上げる「スピードとん汁」

器に入れたレタスにアツアツの豚汁をかけます。レタスのシャキシャキした食感としその香りでおいしさUPです。

豚汁は野菜もたんぱく質も手軽に取れ、冷たいものの食べ過ぎや冷房で冷えた体にも嬉しいレシピ。また、工夫次第で調理時間を短縮できます。疲労回復の一品として活用してみてくださいね。