2010年5月のことである。米イリノイ州シカゴ市北部にあるフレモントという公立図書館で、図書館員たちは1つの選択に迫られていた。

 図書館のSNSとしてフェイスブックとツイッターのどちらを採用すべきか、ということだった。

 図書館にとって、どちらのSNSがより有用かの答えは当時、まだ出ていなかった。図書館は結局、両アカウントを開設することにした。

 ただ利用しているうちにフェイスブックとツイッターの特性の違いがはっきりし始めた。フェイスブックはより柔軟性があり、写真や動画、ゲームを載せやすいだけでなく、開催されたイベントの事後報告などにも向いていた。

 一方のツイッターの主な役割は当時、文章によるお知らせや報告が中心だった。限定された文字数でつぶやく「マイクロブログ」というスタイルが確立され始めた頃である。フィスブックの利用者よりも、不特定多数の人たちと会話をするのにも役立った。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ツイッター株崩壊

 ただ時間が経つにつれ、2つのSNSに差が出始めた。それは利用価値とは違う次元でのことで、企業体としての差が顕著になってきたのだ。

 今年7月から8月にかけて、米メディアには「フェイスブックがツイッターにナイフを突きつけた」「ツイッター株崩壊:利用者はどこに行くのか」といった過激とも思えるタイトルが踊った。いったいどういうことなのか――。

 まず注目したいのが両社の稼ぐ金額である。すでに圧倒的な差がついている。2016年のフェイスブックの売上高は276億ドル(約3兆円)。前年比で54%増である。営業利益も純利益(約1兆1100億円)も2倍以上の伸びである。

 一方のツイッターは売上高が25億ドル(約2725億円)で、フェイスブックより一桁下である。純利益は4億5600万ドル(497億円)の赤字となっている。

 企業力の礎とも言える株価にも大きな差が出ている。フェイスブックは2004年2月の創業で、IPOが2012年5月。38ドルでスタートした株価はいま168ドルまで上昇している。200ドルまで行くとの見方が強い。

 後発組のツイッターは2006年3月に起業。2013年11月のIPO直後、株価は一時70ドル直前までいったが、以後は下落が続きで、過去1年以上10ドル代を低迷している。フェイスブックについていくどころか、白旗を揚げた感すらある。

 しかも金融大手モルガン・スタンレーのインターネット分析家ブライアン・ノワック氏は、「ツイッターは広告収入も減少しているため、株価は今後さらに減少する可能性がある」と指摘する。

 SNSの特徴は、売り上げの9割近くが広告収入から来るというもので、フェイスブックの広告収入は今後2割以上増えると予測される一方、ツイッターの広告収入は逆に減少するとみられている。

 そうは言っても日本国内のユーザー数はフェイスブックの2700万人に対し、ツイッターは4000万人で、人気に陰りがでているとは思えない。

 しかもドナルド・トランプ大統領はフェイスブックよりもツイッターでの情報発信が多く、今月8月14日現在のフォロワー数は3578万人である。

 しかし全世界に目を向けると、フェイスブックの月間アクティブ・ユーザーは18億6000万人で、前年比で17%も増えている。20億人の大台も目前である。

SNS界はフェイスブックの一人勝ち

 一方のツイッターのユーザー数は3億1900万人で、昨年からの上昇率は4%という数字で、爆発的な伸びはもうない。

 SNSは両サイト以外にもいくつもあるが、企業体として世界的な観点から眺めると、フェイスブックの一人勝ちと言える状況である。

 フェイスブックCEO(最高経営責任者)のマーク・ザッカーバーグ氏の名前は誰もが知るが、ツイッターCEOジャック・ドーシー氏の知名度がそれほど高くないことも企業力を如実に表しているかもしれない。

 ドーシー氏は今春、フェイスブッックに遅れを取っている理由を、「集中と統制が欠如していた」と述べた。多くの機能の追加や新規ユーザー獲得に力を注ぎ過ぎたため、経営に集中できなかったというのだ。

 IT業界の起業やM&Aについての著書があるトム・タウリ氏は厳しい目を向けている。

 「ツイッターという会社はもともと経営に統制が取れていないのです。というのも、最近も財務部門副社長とビデオ・エンジニア部門副社長が辞めたばかりです」

 「しかもCEOのドーシー氏はスクエア社というモバイルに特化した金融企業の社長もしていて、どちらか専任になるべきなのです」

 経営幹部の離職率が高く、一貫性のある経営戦略が取れていないという。

 消費者にとっては、フェイスブックとツイッターの使い分けはすでにできているが、ツイッターはフェイスブックほど他企業の買収を進めていないばかりか、新規ユーザー獲得に動いても結果が出ていないため、株価の低迷は今後も続きそうだ。

 それではツイッターが敗者というカテゴリーに入るかと言えば、そうではないだろう。利益は前年比で減少したとはいえ500億円近くあるし、利用者数も3億人超だ。

外れた「フェイスブックが消滅する日」

 だがSNSとして、英語で「キングピン(ボーリングの5番ピン)」と評されるのはツイッターではなくフェイスブックであることは確実であり、前出のタウリ氏も「ツイッターの経営戦略が向上しているとは思えない」と述べる。

 筆者は2012年9月号の月刊文藝春秋で、「フェイスブックが消滅する日」と題した論文を記したことがある。

 当時、コロンビア大学経営博士号を持ち、長年IT業界にかかわってきたエリック・ジャクソン氏が言った言葉を引用した。

 「フェイスブックはいまや誰もが認める巨人です。しかしIT業界の流転の速さにのみ込まれるでしょう。歴史的な枠組みからみた組織論という観点からも消える運命にあります」

 次から次へと登場するSNSにフェイスブックはのみ込まれ、2017年から2020年でフェイスブックは利用者が激減すると予測した。だが5年前の予想は大きく外れてしまった。

 フェイスブックはヤフーの二の舞になるとこともなく、むしろツイッターにナイフを突きつけて、SNSの分野では一人勝ちへと邁進しているかに見える。

 唯一、ツイッターではトランプ大統領が利用価値を高めているようにも思えるが、業界関係者に聞くと、「同大統領のツイートを嫌ってツイッター離れが起きている」のが現状だという。

 今後の業界再編が見ものである。

筆者:堀田 佳男