足利成氏が長尾家、太田家の攻撃を受けて逃げ込んだ江の島(神奈川県藤沢市)


 日本の歴史のなかで戦国時代は確かに面白い。でも、戦国時代に至るまでの過程も実に面白いのです。歴史マニアの筆者が夏休みスペシャルとして、「戦国時代前夜」とも言うべき室町時代中期に関東地方で何が起きていたのかを紹介しています。

 前回(「『応仁の乱』よりも前から鎌倉は戦国時代だった」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50787)は、京都の足利幕府を率いる6代将軍の足利義教(あしかが・よしのり)と、足利幕府の鎌倉支社にあたる「鎌倉府」を率いる4代鎌倉公方の足利持氏(もちうじ)が激突した「永享の乱」(1438年)を紹介しました。この戦役によって足利持氏は敗死し、鎌倉府は取り潰されます。

 しかしその後、義教は、将来の粛清を恐れた守護大名、赤松満祐(あかまつ・みつすけ)に京都で暗殺されてしまいます(嘉吉の乱、1441年)。将軍の権威・権力の拡充に腐心した義教でしたが、皮肉なことに白昼堂々と自身が暗殺されたことによって将軍の権威はそれ以前よりも失墜してしまいました。

足利将軍家と鎌倉公方家の略系譜


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「鎌倉府」の再興

 義教の死後、将軍の後継にはその遺児でまだ幼い7代義勝が就きましたが、就任からわずか8カ月で早逝し、次いで同じく義教の遺児であり義勝の弟である8代義政が継承しました。しかし、将軍の代替わりが続いたことから中央(京都)の政権は混乱を極め、おそらく関東を含む東国支配云々に構っていられる状況ではなかったのではないかと思われます。

 こうした中央の混乱を突いてか、関東では現地の守護大名らが鎌倉府再興を嘆願します。幕府も関東支配に取り掛かっていられないことから、その嘆願を認めることとなります。こうして再興された鎌倉府の長官「鎌倉公方」(かまくらくぼう)には、血統が重視されたのか、先代足利持氏の遺児である足利成氏(しげうじ)が推挙され、5代目鎌倉公方として就くこととなりました。

 推測される出生年から計算すると、成氏はその頃、まだ十代と非常に幼く、血統が重視されたことはもとより、関東の有力者たちにとって都合がいい存在であったということも大きかったのでしょう。

内部対立から「江の島合戦」が勃発

 こうして再興された鎌倉府でしたが、案の定というか、内部では旧来の鎌倉公方家を支持する結城氏、里見氏、小田氏からなる「(足利)成氏派」と、鎌倉公方の補佐役である関東管領家(上杉家)を支持する長尾家、太田家からなる「(上杉)憲忠(のりただ)派」が拮抗し、領地や後継者氏名などでことごく意見が対立します。

鎌倉府再興前後の派閥構造


 その対立はすぐに表面化します。成氏が鎌倉公方に就任した翌年の1450年、成氏のいる鎌倉が突如攻撃を受けたのです(「江の島合戦」)。この攻撃は上杉家本家(=山之内上杉家)の家宰(執事)を務める長尾景仲(ながお・かげなか)と、その娘婿でもあり上杉家分家(=扇谷上杉家)の家宰を務める太田資清(おおた・すけきよ)が率いたものでした。

 長尾景仲にしろ太田資清にしろ、この2人からすれば成氏は「主の主」に当たる存在です。それにもかかわらず、なぜ攻撃を仕掛けたのでしょうか。

 そのきっかけは、成氏派による領土横領だと言われています。幼少の頃の成氏を助けた簗田持助(やなだ・もちすけ)という者が長尾家の伝来の土地を横領し、鎌倉府も長尾景仲からの再三の抗議があったにもかかわらず簗田に返還するよう命令しなかったというのです。おそらく、それ以外の積もり積もった対立の怨みなどもあったのでしょう。

 もっともこの時の軍事行動は、あくまで長尾家、太田家の単独行動によるものでした。この2人の主に当たる関東管領の上杉憲忠は事前には全く知らされておらず、上杉家の総意を得た行動ではありませんでした。こうした事実を裏付けるよう、鎌倉から江の島へと逃れた成氏を支援するため、上杉家からも軍勢が派遣されています。

鎌倉府に関わる略年表


幕府裁定でノーサイド?

 江の島合戦では、長尾・太田連合軍が鎌倉を奇襲したものの成氏を取り逃がし、成氏は逃げ込んだ江の島で支持者と合流し、追撃してきた長尾・太田連合軍を由比ガ浜の海岸で撃退し、両軍は一時膠着状態に至ります。長尾・太田連合軍は鎌倉を、成氏派は江の島をそれぞれ陣地として睨み合いの状態となりますが、成氏側から京都の幕府へ事件報告が行われ、反乱者処分を含めた仲裁申請が出されます。

 この求めに応じる形で、当時の幕府管領である畠山持国(はたけやま・もちくに)は、事件発生を受けて一時謹慎していた関東管領の上杉憲忠に鎌倉へ戻って政務に復帰するよう指示します。そして、関東の武士たちに改めて成氏への忠誠を誓わせました。

 しかし実際に反乱を起こした長尾景仲と太田資清へのお咎めは一切なく、ノーサイドとされました。突然脈絡なく命を狙われた成氏の心境からしたら、ノーサイドどころではなかったでしょう。

そして、関東は戦国時代へ

 江の島合戦はひとまずこうして終息し、成氏も上杉憲忠もそれぞれ鎌倉に戻って政務に復帰しました。

 しかし京都の幕府の方では、1452年、管領がこれまで「成氏派」と「憲忠派」の仲裁に務めてきた畠山持国から細川勝元に変わると、関東管領を経由しない訴状は受け付けようとしないなど、露骨に関東管領派をひいきする政策に切り替えられてしまいます。

 こうした中央の措置もあって、両派の対立は日に日に激しくなり、江の島合戦から5年後の1455年、成氏は憲忠をおびき寄せて謀殺してしまいます。

 この謀殺は、“父の敵”の息子への意趣返しであったとする意見もあります。成氏の父親の持氏(もちうじ)は、憲忠の父親である上杉憲実から攻撃を受け、自害へと追い込まれています(=永享の乱、前回を参照)。

 しかし、筆者としてはもはやその手の恩讐の果てといった話ではなく、猛烈な派閥抗争の末に起きた事件ではないかと思えます。そして実際、この謀殺をきっかけに成氏派と、憲忠派改め関東管領派は再び抗争を起こし、関東を真っ二つにして戦う日本版30年戦争こと「享徳の乱」(1455〜1483年)が始まります。「応仁の乱」(1467〜1477年)に12年先駆け、こうして関東地方では一足早く戦国時代へと突入することとなるわけです。

 享徳の乱では鎌倉を追われた成氏が古河(現茨城県古河市)に本拠を構え、ちょうど利根川を東西の境目にし、両陣営で和議が成立するまで実に28年間争い合うこととなります。京都の幕府も、この関東の混乱を鎮めようと当初は軍勢の派遣を検討したのですが、こっちもこっちで応仁の乱に入ってしまい、その計画は頓挫してしまいます。

 解釈にもよりますが、筆者としてはこの「享徳の乱」勃発をもって関東は戦国時代に入ったと考えています。事実、この後の関東甲信越地方では下剋上が相次ぎ、最終的に関東の支配者となる北条家の始祖、北条早雲の名が出始めるのもこの享徳の乱のあたりからです。

◎通して読もう!

(1)「応仁の乱」よりも前から鎌倉は戦国時代だった
戦国時代前夜の関東で起きていたこと(前編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50787

(2)かつて湘南ビーチは合戦の舞台だった!
戦国時代前夜の関東で起きていたこと(後編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50789

(3)「関東版の応仁の乱」は約30年も戦っていた
戦国時代前半の関東〜激しすぎる抗争史(前編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50855

(4)本家と分家がつぶし合い、上杉家の抗争「長享の乱」
戦国時代前半の関東〜激しすぎる抗争史(後編)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50856

筆者:花園 祐