銀座に自分の家のようにホッとできて気軽に行ける店を作っておきたい。大人なら誰でも一度は思ったことがあるはず。そんな願望を叶えてくれる“行きつけ店”を紹介しよう!



ごまかしのない、しみじみとした気持ち休まる味が魅力
季節の移ろいを表現した身体に染み入る優しい味『みな美』

この店を知っているだけで、ちょっとした優越感を味わえる。銀座8丁目のビル2Fにある『みな美』だ。手間暇、時間と愛情をかけて作る女将の家庭料理が自慢の店。

素材の持ち味を生かした煮魚やおひたし、ジューシーな牡蠣フライに締めの和風オムライスまで。派手ではないが、ごまかしのない家庭料理は郷愁そそられる味わい。

あんまり疲れた顔で愚痴っていると女将にピシッと活を入れられるような、そんな人柄も人気で、常連客が足を運ぶ店だ。




L字カウンターで仕事終わりの心を癒すそば割烹『銀座うどん 流石 琳』

銀座の一等地にあり、世界的なガイドブックでも評価が高い系列のお店なのに、1品が¥500〜、お酒も1合¥600台からと、通いやすい値段設定が嬉しい『銀座うどん 流石 琳』。



こじんまりとしたカウンターはしっぽりデートにぴったり

入り口を入るとすぐに目に入るのがLの字のカウンター。14時から通し営業だから遅めのランチに通うサラリーマンも多いという。



つぶ貝、蕪の甘酢漬け、鴨ロース、かまぼこなどを八寸仕立てで

小皿コース ¥1,800は、ちょっとずついろいろ、しっかり食べたいときに重宝する。旬の食材を使った料理を食欲に合わせてアレンジしてくれるから、グルメな彼女も思わず笑顔に。

八寸仕立てで頂く、つぶ貝、蕪の甘酢漬け、鴨ロース、かまぼこは日本酒にもよく合う絶妙なラインナップ。磯つぶ貝は北海道産、小田原の蒲鉾に茨城県産の合鴨ロースの炙りと、産地にも拘っている。



小皿コースには天ぷらが含まれる。季節の魚や野菜をカラリと揚げている。



だし巻き卵。うどん屋だからこそのお出汁が活きた、ふわふわの卵焼き



もちろん、〆には、自慢の十割蕎麦を。(こちらは先ほどのコース外)細くてしなやか、喉越しの良い十割蕎麦がいただける

箸が進むものがわかるという嬉しさがあるのも、コミュニケーションが図れるカウンター席ならでは。

目の前であたためられた熱燗を飲みながら、粋で上質なおつまみをちょっとずつつまむ、そんなひとときで2人の仲も深まるはず。



日本一にも輝いた卵と厳選素材作るプリンは女子に人気のデザート


銀座駅からすぐそば!アクセス最高の立地にしっぽり和食が!



銀座の一等地にある隠れた名店
銀座駅から徒歩30秒!人には教えたくない隠れ家和食店『銀座魚勝』

銀座駅から徒歩30秒という立地に、人には教えたくない隠れ家和食店がある。「尾崎牛」と「"銀座名物"弥左衛門いなり」が人気の『銀座魚勝』だ。

木の温もりが溢れる優しい雰囲気の和空間のカウンターは、居心地がよくついつい長居してしまう。



カウンターの目の前にはおばんざいの数々が並ぶ。1品400円〜というリーズナブルな価格も嬉しい。

カウンターに座ると目に飛び込んでくるのが、ずらりと並ぶおばんざいの数々。一皿400円〜と銀座とは思えないリーズナブルな価格にも驚きだ。

どれにしようか相談する過程でも彼女との会話が弾んでしまう!



この日のお通しは「梅干しと鯖の燻製」

ちょっとずつ、色々な種類が食べられるから女子の満足度もアップ。豊富に揃う日本酒と合わせて楽しんでいただきたい。



しっとりとした牡蠣に、ぴりっとアクセントの山椒が効いた「牡蠣の山椒煮」



菊と春菊の白和え、れんこん塩金平、ピリ辛こんにゃく。2人で分けると、たくさん食べられるから嬉しい。



「お造りの盛り合せ」。この日は、三重の鯵、岩手の〆鯖、長崎の真蛸に、能登の寒ブリ。

「お造りの盛り合せ」も忘れずにオーダーしたい名物だ。その日に採れた鮮魚を季節に合わせて盛合せで楽しめ、店の拘りの日本酒との相性も抜群。



絶妙な火加減で仕上げられた名物「尾崎牛ロース芯 ステーキ」

絶妙な火加減によって独特の甘みとたっぷりあふれ出る肉汁が最高に旨い『尾崎牛ロース芯 ステーキ』は同店の渾身の逸品。岩塩、山葵、胡椒と好みに合わせていただきたい。

添えてある「むかごの素揚げ」はまるでマッシュポテトのような役割をしてくれる、名脇役だ。



〆メニューも充実。太目の麺にイカや海老などの海鮮がたっぷり入った「焼きビーフン」も絶品。

銀座のど真ん中にこんな隠れ家があったなんて……!旨い料理や居心地のよい空間はもちろん、きめ細やかな対応も、大切な人を連れて行きたくなるポイントだ。


おばんざいが並ぶカウンターがたまらない!



キッチンをぐるりと囲うL字のカウンターは12席
雑居ビルの隠れ家で楽しむ東京人が求める京料理『くいもんや す多ち (すだち)』

高級店が立ち並ぶ銀座八丁目の雑居ビル。そう聞くとなかなかハードルが高いと感じてしまうけれど、この場所で、リーズナブルに京料理が楽しめるとあって人気なのが『くいもんや す多ち (すだち)』。

小さなエレベーターにのって3階へ。扉を入るとそこにはキッチンをぐるりと囲う12席のカウンターに、溢れんばかりのお客さん!



カウンターにずらりと並ぶ大鉢のおばんざいや食材の数々

そのカウンターに並ぶのが大鉢に盛られたおばんざいだ。この味が、まさに東京人が求める京料理。

高級過ぎず、それでいてカジュアル過ぎないバランス感覚が絶妙。



カウンターの奥では京都出身という女将さんがテキパキと料理を捌いていく。もちろん、すべての料理も女将さんの腕により仕上がっているのだろう。

まわりのスタッフの方は全員女性で、この店の柔らかい雰囲気を創り上げている。



京料理には日本酒をあわせたい

注文をしようとすると、メニューが見当たらない。そう、ここにはメニューがなく、カウンターに並ぶおばんざいから好きなものをオーダーしたり、食べたい食材と調理方法を選んでオーダーするスタイル。

大鉢のおばんざいはどれも美味しく、ついついオーダーしすぎてしまうほど。



「キュウリとワカメの酢の物」

お酢の酸味がさっぱりと美味しい「キュウリとワカメの酢の物」やどこか懐かしさを感じられる「カニのポテトサラダ」、甘辛に味付けされたと半熟卵でいただく「肉豆腐」など、ほっこりするメニューのラインナップについつい箸が進む。



たっぷりのマヨネーズが添えてある「カニのポテトサラダ」



味が浸みた「肉豆腐」は白いご飯が欲しくなるほどに旨い



素材の味をシンプルに味わいたい 「ズワイガニ」

カウンターで存在感を放っていた「ズワイガニ」は半分からもオーダー可能。しっとりとした身にレモンをきゅっと絞って、贅沢に味わいたい。日本酒に合わせて、蟹味噌までしっかり堪能しよう!

雑居ビルの中の京料理というギャップと1万円でおつりが来てしまう程にリーズナブルな価格設定は、銀座で持っておくべき切り札のひとつだろう。


銀座で熟成鮨だって怖くない!コスパ最高の寿司店はここ!



大将との会話も楽しく、客の状況を見て絶妙な距離感を保ってくれる。怖がらずOKなカウンター寿司だ。
座で熟成寿司!なのに1万円!今すぐ予約したくなる『鮨処 やまだ』

銀座グルメ界で盛り上がりを見せているコリドー街。

ビルの3Fの細い通路を進んだ先にある、カウンターがたった8席の知る人ぞ知る店が『鮨処 やまだ』だ。



おまかせ15貫(1万円・消費税別)。熟成寿司ならではの、さながら旨み爆弾といった味わいに、しばし言葉を失う

店主・山田裕介氏が握る絶品の熟成寿司の握りコースが、なんとひとり1万円なのだから驚きだ。

ここなら銀座で寿司デビューも怖くない!



艶やかな飴色状に変身したヅケ。いつまでも味わっていたいと思わせる後引く旨みだ

たとえば、この艶めかしく輝くマグロのヅケなら、丁寧に下処理してから冷蔵庫内で14日間も寝かせることで、フレッシュなネタにはない、芳醇な旨みと甘みを引き出している。

小肌や鯵も「うちの自慢は光り物」と山田氏自らが語るように、その熟成の技にかかれば、臭みもなく上品でふくよかな味わいに。口全体に旨みが広がり、余韻が心地よく伸びていく。

光り物が苦手な人こそ食べるべきと断言したい。



ふわりと柔らかい穴子は、崩れないよう、山田氏から直接手渡しされる。見るからに繊細な柔肌にうっとり

「金額的にはギリギリですよ」と笑いながらも、「1万円で食べられる店の中では、絶対にほかには負けないはず」と自信を見せる。

今や熟成寿司ですっかり有名になったこの店だが、山田氏曰く「もうひとつの看板ネタは、実は貝」。熟成とは真逆の、新鮮さが命となるネタも必食の美味しさだ。

この味でこの価格…、予約が取れない人気店だが、遅くまで開いているのもありがたいポイント。夜9時すぎの2回転目なら、当日の飛び込みで入れることも多いと、こっそり教えておこう。