杉田祐一がソウザを倒して2年連続16強入り [ウェスタン&サザン・オープン]

写真拡大

「ウェスタン&サザン・オープン」(ATP1000/アメリカ・オハイオ州シンシナティ/8月15〜21日/賞金総額436万2385ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、杉田祐一(三菱電機)が予選勝者のジョアン・ソウザ(ポルトガル)を3-6 7-6(5) 6-1で下し、昨年に続いてベスト16進出を果たした。試合時間は2時間11分。

 今大会に2年連続出場となる杉田は、予選から出場した昨年の大会でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-7(4) 6-4 6-2で倒してマスターズ初勝利を挙げると2回戦も勝ち上がり、3回戦でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に1-6 6-3 1-6で敗れていた。

 両者は2012年1月にチェンナイ(ATP250/ハードコート)の予選で初対戦しており、杉田が6-4 6-1で勝っていた。杉田は前日に行われた1回戦で、第13シードのジャック・ソック(アメリカ)を7-5 6-4で破る金星を挙げていた。

 杉田はマスターズ1000の大会で初の8強入りをかけて、カレン・カチャノフ(ロシア)と、欠場したロジャー・フェデラー(スイス)の代わりにラッキールーザーで本戦入りを果たしたトーマス・ファビアーノ(イタリア)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・シンシナティ)の2回戦で予選勝者のジョアン・ソウザをフルセットで破った杉田祐一
Photo:MASON, OH - AUGUST 16: Yuichi Sugita of Japan plays Joao Sousa of Portugal during day 5 of the Western & Southern Open at the Lindner Family Tennis Center on August 16, 2017 in Mason, Ohio. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)