青山修子/ユラクは2回戦でルーマニアペアに敗退 [ウェスタン&サザン・オープン]

写真拡大

「ウェスタン&サザン・オープン」(WTAプレミア5/アメリカ・オハイオ州シンシナティ/8月14〜20日/賞金総額283万6904ドル/ハードコート)の女子ダブルス2回戦で、青山修子(近藤乳業)/ダリヤ・ユラク(クロアチア)はイリナ カメリア・ベグ/ラルカ・オラル(ともにルーマニア)に6-7(2) 6-1 [6-10]で敗れた。試合時間は1時間34分。

 ユラクと青山のコンビは、今大会が2度目のダブルス出場。1回戦でローレン・デービス/アリソン・リスク(ともにアメリカ)を6-2 7-5で破り、同ペアでの初勝利を挙げていた。初めてペアを組んだ前週のトロント(WTAプレミア5/ハードコート)では、初戦敗退に終わっていた。

 ベグ/オラルは準々決勝で、第4シードのサーニャ・ミルザ(インド)/ペン・シューアイ(中国)とユリア・ゲルゲス(ドイツ)/オルガ・サブチュク(ウクライナ)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・シンシナティ)のダブルス2回戦で敗れた青山修子(全仏オープンでのもの)