関西勢対決を制した山中太陽がU16優勝、U18は清水悠太と田島尚輝が決勝へ [全日本ジュニアU18&U16男子]

写真拡大

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」(8月8〜17日)は9日目、大阪市・靱テニスセンターでU18のシングルス&ダブルス準決勝および、U16、U14、U12のシングルス&ダブルス決勝が行われた。

 U16のシングルスで頂点に立ったのは第10シードの山中太陽(西宮TC)。第4シードの藤原智也(東山高)との決勝を6-4 6-3で制した。また、U18の男子シングルスでは、第1シードの清水悠太(西宮甲英高)が第4シード・菊地裕太(トップランAIOI)の途中棄権により2年連続の決勝に進出。昨年のU16覇者で第2シードの田島尚輝(TEAM YONEZAWA)はノーシードの田中瑛士(東京学館新潟高)に6-2 6-0で圧勝した。

◇   ◇   ◇

 U16の決勝戦は関西勢同士の対決。藤原と山中は気心知れた間柄で、朝もいっしょに練習したほど。まずは、関西同士で決勝を戦えることがうれしかったのだと山中は言った。

「僕らの世代は関東が常に上で、関西は下に見られているのを感じていたので」

 兵庫出身の山中は準決勝で、小学生の頃からまさにそういうエリート選手のひとりだった"東"の松下龍馬(秀明英光高)を破って決勝に駒を進めてきたのだが、同じ関西の京都出身の藤原のことも昔は「雲の上という感じだった」と振り返る。藤原がU12から出場しているのに対し、その頃の山中は関西ジュニアにも出ていなかったという。徐々に差を詰め、昨年はともにU16で3回戦に進出した。

 攻撃的なフォアハンドと片手打ちのバックハンドが印象的な山中が、第1セット4-1と好調に滑り出し、6-4で先取。第2セットで5-1と一気に王手をかけてから2ゲームを奪われたものの、勝ちたいという気迫を終始見せ続け、6-3で締めくくった。突き上げた両腕を長い時間キープしたガッツポーズに、初の全国タイトル獲得の喜びがあふれていた。

「(山中の)強くて速いショットに対応できなくて、ベストのプレーが出せなかった」と、悔しさと反省をにじませた藤原。しかし、共通する関東への対抗心も糧に、より刺激的なライバル関係に向かう大きな一歩になったかもしれない。

◇   ◇   ◇

 インターハイの3冠(団体、個人単複優勝)達成から強行スケジュールで今大会に乗り込んできた菊地の連戦の"限界"は、非常にわかりやすいかたちで表れた。

 全日本ジュニア初優勝にかける国内ナンバーワンの清水との準決勝。第1セットはブレーク合戦でのシーソーゲームだったが、ラリーの主導権はほぼ清水が握っていた。菊地もそれに食らいついて激しいラリー戦を繰り広げていたものの、第1セットは6-4で清水。第2セットの第2ゲームで菊地は両脚をケイレンに襲われ、メディカルタイムを取るためにエンドチェンジまでの残りのゲームを捨てて0-3。治療後コートに戻るが、ふたたび動けなくなり、また2ゲームを捨てて0-5で治療。つまり、記録として残ったのは菊地の4-6 0-5での途中棄権だが、実際のところ第2セットは2ゲームしか戦っていない。

「たぶん、疲れもたまっていたところに、走らされたのがキツかった」と菊地。一方、インターハイに出場していない清水は、そこで3冠を獲ってきた菊地の勢いを大いに警戒していたという。

「自分は今年、絶対に全日本を獲りたいという思いも強いので、かなり緊張した試合でした。ファーストセットを取れたのが大きかった。次は(菊地が)万全の体調のときに、また勝負したいと思います」

 気遣いを見せながら、そう話した。

 ジュニア最後の年を戦う清水にとって、明日、負けられない試合が最後にもう一つ。決勝の相手は16歳の田島。一昨年はU16、昨年はU18で連続準優勝に終わっている清水の初タイトル獲得か、田島のU16とU18の連続制覇か。国際舞台でも対戦経験のある対決の行方は楽しみだ。

(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美) 

※写真は「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」の16歳以下男子シングルスで優勝した山中太陽(西宮TC)(撮影◎江見洋子/テニスマガジン)