ファッショナブルに鍛えるためには、まずは「ゆるめること」

写真拡大 (全16枚)

ラグジュアリーな世界観で知られるスタイリスト・清水久美子さんによるボディメイク連載『ボディ・コンシェルジュ〜筋肉は最高のファッション!』。服に着られるのではなく、着こなせるボディを育てようという提案(前編・後編)には大きな反響がありました。連載2回目となる今回は、ファッション誌編集者からトレーナーへと転身した内田あやさんがゲスト。筋肉フェチな清水さんに投げられた「筋肉が大切だからこそ、"抜く"ことも意識を」という言葉の意味を探ります。

ファッション誌の世界からボディワークへ転身した理由

清水:さん(以下清水:)今日はありがとうございます。今はトレーナーさんとして大活躍の内田さんですが、実は編集者で、私とごく近いところでお仕事をされていたんですよね。内田:あやさん(以下内田:)そうなんです。『25ans』と『Figaro』編集部に合わせて8年ほどいました。清水さんのこともその頃から存じ上げていましたよ。清水:どういうきっかけで、ボディワークの世界に興味をもたれたんですか?内田:子どもの頃から体を動かすことが好きで、それに関係した仕事をしたいなという想いはあったんですよ。写真も好きだったので、たまたまファッション誌の世界に飛び込みましたけれど。清水: 内田さんの中では、ファッションもボディに携わるお仕事の延長戦上にあったということ?内田: そうなんです。撮影するときにモデルをどう動かすか、服をどうキレイに見せるかを考えますよね。ムダのない美しい動きを探す作業という意味では、ファッションの世界もボディワークの世界も同じことをやっている感じかな。清水: ムダのない美しい動き、絵になる瞬間って、そんな動きと服がマッチした時ですよね。

美しい筋肉は硬くない。綺麗なボディほどしなやか

清水: 内田さんの本『エグゼクティブ・ボディ・チューニング』、すごく興味深く読ませていただきました。内田: ありがとうございます!清水: その中で印象に残った言葉、、たくさんありますけれども、「ガンダムのような"鎧としての体"ではなく、エヴァンゲリオンのような"しなやかな体"であるべき」というくだりがあって、ハッとさせられました。内田: あの本を書いたのは数年前なので、今はもっと内側にも興味があります。体も鎧のようなもので、もっと内側があるはず、と。そうやって考えていくうちに、体の「構造」ではなく「機能」を極めたいと思うようになりました。清水: 構造でなく、機能、なんか、もっと深化されてますね。ファッションもボディも突き詰めて考えると、だんだん奥まったところに行きますよね。内田:ファッションってすごく外側のように思われるけれど、実は内側が大事ですよね。内側の身体の表情、動き、そういうものがものを言うんですよね。清水:特にシンプルな装いになるほどそうですよね。白シャツ一枚でサマになる!って究極のファッションであると思いますが、それこそ、内側がモノをいうわけで。内田:しかも、ハンガーでないのだから、動く身体の、ムダのない綺麗な動きがモノを言いますよね。それにはしなやかさ、って大事なのです。清水:しなやかな身体、シンプルな服の映える着こなしのキーはそれですね。

「鍛える」は「ゆるめる」とセットで考えるべし

清水: そもそも内田さんが最初にトレーナーの資格をとられたのは、ジャイロトニックでしたよね。内田: そうです。その後にヨガやタイマッサージなども学び、チューニング®という独自のメソッドを編み出しました。清水: チューニング、ってまったく新しい考え方ですよね。内田: はい。体を機能的にとらえるようになると、「鍛える」というのが一方向しか見ていないのかな、と感じるようになったんですよ。清水: 世の中のエクササイズの大半は「鍛える」を目的にしていますよね。内田: たとえばアスリートでもモデルでも、トップクラスの方って動きが動物的じゃないですか。清水: ランウェイなどを見ていると、まさにその通りだなと思います。トップモデルってただ細いだけじゃなくて、野性的でしなやかな動きをしますよね。内田: 「鍛える」という言葉には強くする、筋肉を硬くするイメージがありますが、実はキレイなボディって、とてもしなやかなんです。清水: それはよくわかります。そういう筋肉こそ、私の理想とする白シャツ筋肉です。凹凸でなく、なだらかで動きの美しい、んー、言ってみればシルキーな筋肉のイメージに近いです。でも、だとしたらトップアスリートはどうしなやかさを「鍛えて」いるんだろう? やはり強い筋肉は必要ですよね。内田: たとえば、ポパイのような「二の腕の上側を硬くして見せる」という動きがありますよね。これって上腕二頭筋を縮める動きなんですが、このとき、逆側の上腕三頭筋は伸びているんですよ。どこかを強くしたいなら、別の部分をゆるめる必要が常にあるんです。