重ねて焼くだけ!「餃子の皮ラザニア」でおもてなし速攻一品が完成

写真拡大 (全6枚)

餃子の皮で作る!ラザニア風レシピがおしゃれ


今回ご紹介するのは、餃子の皮とひき肉という、家計のお助け食材を使ったとびきりおしゃれなレシピ。では、さっそくそのお待ちかねのレシピをご紹介しましょう。

レシピのポイントをチェック!


餃子の皮で簡単ラザニア風


餃子の皮で簡単ラザニア風

by ぞうさんのお台所

周りと上はパリッと、中はもっちり。重ねて焼くだけで本格的ラザニア風に。市販のミートソースで簡単に。お一人様サイズで便利!

餃子の皮とソースを交互に重ねて♪


まずはソース作りから。ニンニクを炒めて香りが出てきたら、ひき肉を加え、色が変わったら市販のミート―ソースをイン。煮詰めて粗熱をとっておきます。

餃子の皮に先ほど作ったソースをのせ、さらにまた餃子の皮をのせというように10枚重ねていきます。


途中カッテージチーズやチーズをはさみ、最後にコショウ、ハーブをふり、チーズをトッピング!


190度に熱したオーブンで15〜20分焼きます。これで完成!


餃子の皮が大活躍!


「つくれぽ」(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)でも、「パリパリとろーり。美味しかったです。」「おしゃれな夕飯ができましたー♪簡単でおいしくて大満足です☆」「気に入ってリピしてます♡」と、手軽なのに美味しくて、しかもおしゃれと大人気♪


いかがですか?パリパリに焼けた餃子の皮とチーズが絶品!餃子の皮を先にゆでたりせず、そのまま使えるから、楽ちん。まるでお店で食べるようなアツアツのラザニア♪餃子の皮で作った…なんて言ったら、驚かれてしまうかも。もちろん味も最高♪さっそく作ってみてください。(TEXT:森智子)