いろんなことを一生懸命頑張っているつもりなのに、人生が複雑化していっているような気がするあなた。そんなあなたは日々の行動の中で次にご紹介するような行動をしてしまっているかも? 今回は、頑張っているのに人生がうまくいかない5つの理由をまとめてみました。

1. 毎日仕事の文句を言っているのに、職場や職種を変えようとしない

「あなたが仕事を好きだなあと思う瞬間は?」と聞かれても「お昼休憩と会社を退社するとき」と答えてしまうようなあなたは、きっと日々自分のやっている仕事に不満を抱えていることでしょう。しかし仕事を辞めたら家賃や光熱費が払えなくなるかもしれないと心配しているんですよね?
多くの人たちが現職をもちながら次の仕事を探し、ブランクを持たずに次の仕事に転職しています。いつまでも今の仕事の文句を言っていても職場があなたの思い通りに変わることはないということを覚えておきましょう。

2. 趣味と言えば飲みに行くこと

お酒の場では友達に語りたくなるような面白いエピソードを得ることができるかもしれませんが、お酒を飲むことがあなたの人生にプラスの何かをもたらしてくれることはありません。むしろ無駄なお金を使い、次の日には二日酔いで時間までも無駄にしてしまうことが多いのです。
趣味を聞かれると週に何回か飲みに行くことしか思い浮かばないあなたは、お酒以外に夢中になれることを探すべき。いろんな習い事のレッスンは無料体験も準備してくれています。興味のあるものからトライしてみてはどうでしょうか?

3. みんなに良い顔をする

誰かに頼まれ事をされたら、本当は嫌でも笑顔で受け入れたりしていませんか? また「できない」という言葉を言うことに罪悪感を感じていませんか? そのせいでどんどんやらなければならないことがたまっていき、ストレスを感じるのです。こんなことを続けていると、周りからは「あなたは断らない人」だと認識され、さらにたくさんの仕事や頼み事をあなたの下へと運んで来ます。相手に「NO」と言う勇気を持つようにしましょう。

4. 決断を周りの意見に頼りすぎる

何かについて決断しなければならない時、周りの意見を聞きまくってから決めるということをしていませんか? この行動はあなたの人生をより複雑にします。もしあなたが最終的に出した決断が間違っていたとしても、そのアドバイスをくれた人のせいにして自分のミスだとは思わないようにするかもしれません。ですが私たちはいつも自分の過ちからいろんなことを学ぶのです。人の意見ばかりに頼っていると、自分の人生を生きているのではなく、誰かの代わりに生きているような状態になってしまうのです。