ミラン「給与倍+すごい移籍金」でビダル獲得へ

写真拡大

『Il Milanista』は16日、「イタリア・セリエAのミランは、かなり大きな額でチリ代表MFアルトゥロ・ビダルの獲得に向かっている」と報じた。

情報源は『TVN(チリ国営放送)』の番組であるとのことで、ミランはすでにバイエルン・ミュンヘンへとオファーを送っているという。

その内容は、「給与を現在の倍支払う」というもので、移籍金も「スーペル」であるとのこと。

『Bola』によれば、その移籍金は5700万ユーロ(およそ73.7億円)に達しているという。現在のビダルの給与は週15万ユーロ(およそ1939万円)で、年俸に換算すれば10億円ほど。その2倍であれば当然20億円となる。

『Calciomercato』は、ミランのモンテッラ監督はルーカス・ビグリア+フランク・ケシエとともにビダルで3センターを組みたいという意思を示しており、そのための補強であるとのこと。

ミランは先日最後の補強となる「ミスターX」はストライカーであると示唆していた。

そのためフィオレンティーナのニコラ・カリニッチが有力であると言われており、加入は今週決まるとも。

しかし、本命は意外にもビダルだったのであろうか?マーケットの最終盤までミランの動きには注目が集まりそうだ。