彼氏が落ち込んでいるときは、何とかして力になってあげたいと思うものですよね。

でも、下手なことを言ってしまうと、逆に彼氏を怒らせてしまうようなことにもなりかねません。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、落ち込んでいる彼氏を“上手に励ます”ひと言を紹介します。

 

■「私にできることがあったら言ってね」

彼氏が落ち込んでいるときに、あまりお節介を焼きすぎてしまうと、ただただ鬱陶しく感じられてしまうだけです。「そっとしておいてほしい」という気持ちもあるでしょうから、うまく距離感を取ることがとても大事になってくるでしょう。

自分から積極的に何かをしてあげようとするよりも、まずは「私にできることがあったら何でも言ってね」と言って、そばで寄り添っていてあげるのがベストかも。そうすれば、男性の負担や重荷になったりすることはなくなりますよ。

 

■「私はあなたの味方だから」

仕事でミスをしたり、何か失敗をして落ち込んでいるときは、大きな不安も抱えていたりもするものです。だからこそ、「私だけは絶対にあなたの味方だよ」ということを伝えてあげると、男性の不安もかなり軽くなるでしょう。

いつでも自分の味方でいてくれる彼女は、男性にとっては最高のパートナーですし、手放したくない存在でもあります。自分のことを信じてくれている彼女がそばにいてくれたら、かなりの心のより所にもなるはずですよ。

 

■「気分転換にどこか行かない?」

彼氏がずっと落ち込んでいて、家に引きこもりがちになってしまっているときは、思いきってデートに誘い出してみるのもアリかも。「気分転換にどこか行かない?」とさりげなく声をかけてあげたら、外に出るきっかけを作り出してもあげられますよ。

家で、ひとりでずっと思い悩んでいると、悪い方にばかり考えたりもしやすいので、それを防ぐためにも外に連れ出してあげることは大事です。彼氏だって、デートをしたことでかなりの気分転換になるので、悩みもいくらか軽減できることでしょう。

 

■「頑張りすぎないでね」

「あんまり頑張りすぎないでね」というひと言は、「いつも頑張っているのを知っているよ」と伝える意味もあります。自分の頑張りをわかってくれている人がいたら、それだけで彼氏も少しホッとできたりもするでしょう。

彼氏が落ち込んだり悩んだりしているときに、「もっとこうしてみたら?」なんてアドバイスをしてしまう女性がよくいますが、それは完全に逆効果です。さらにダメ出しをしているような形になるので、頑張りを褒めるような方向に持っていくべきですよ。

 

落ち込んでいるときは、恋人の存在が大きかったりもするはずです。変にお節介な感じになってしまわないように、基本的にはそばで寄り添っていてあげるという姿勢でいることが大事ですよ。

【画像】

※ Y Photo Studio/shutterstock

【関連記事】

※ コスパ重視!? アラサー女子2人が「最近の女子会事情」をぶっちゃけ!(PR)

※ エグイほどリアル!男が「もう一度エッチしたい」と思う女性の特徴

※ 血液型別「スケベ男」が送るLINE 【B型男子は「女の子の日」か探りがち】

※ エッチなしでもデートあり?男が「ワンナイトラブ後」に本気になったときのサイン

※ 【いい加減にしてくれ…!】男性がウザいと感じる「女子のヤキモチ」3つ

※ 血液型別「浮気真っ只中の男」が送るLINE【O型は休日出勤が増える】