ユベントスが26億+ボーナスでマテュイディ獲得へ

写真拡大

▽ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(30)を獲得したようだ。フランス『レキップ』がイタリアメディアをもとに伝えている。

▽中盤の補強を目指しているユベントスは、今夏マンチェスター・ユナイテッドに移籍したセルビア代表MFネマニャ・マティッチや、PSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、ライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタなどの獲得が噂されてきたが、『レキップ』によると、移籍金2000万ユーロ(約26億円)+ボーナスでマテュイディ獲得に合意に至ったようだ。

▽伝えられるところによると、PSG側もマテュイディ放出は容認しているようだ。アドリアン・ラビオ、マルコ・ヴェッラッティ、チアゴ・モッタからなる中盤にマテュイディの入る隙間はなく、ウナイ・エメリ監督はU-20フランス代表のクリストファー・エンクンクやU-23アルゼンチン代表のジオバニ・ロ・セルソを重宝しているようだ。

▽2011年夏にサンテチェンヌから加入したマテュイディは公式戦295試合を数え、33ゴール30アシストを記録。これまで4度のリーグ・アン制覇を含む15ものタイトルを獲得し、2015年にはフランスの最優秀選手に選ばれている。