久保怜音、小栗有以「世界は夢に満ちている」公演(C)モデルプレス

写真拡大

【AKB48/モデルプレス=8月16日】16日、東京・秋葉原のAKB48劇場にて、あおきープロデュース『世界は夢に満ちている』初日公演が開幕し、AKB48の谷口めぐ・樋渡結依・市川愛美・湯本亜美・後藤萌咲・達家真姫宝・福岡聖菜・村山彩希・小栗有以(チーム8)・長久玲奈(チーム8)・久保怜音・西川怜・千葉恵里・田口愛佳・武藤小麟・山内瑞葵の16人が出演。ここでは初日公演前に行われたゲネプロの様子をリポートする。

【さらに写真を見る】フレッシュなメンバーが可愛すぎる!全員ソロショットあり/フォトギャラリー

◆あおきープロデュース「世界は夢に満ちている」公演


同公演は、光文社で『FLASHスペシャル』編集長を務め、長年AKB48との関係が深い“あおきー“こと青木宏行氏がAKB48の次世代メンバーを中心にプロデュースした新公演。

青木氏が将来の活躍を嘱望するメンバーが集結し、ドラフト2期のチームK研究生ながら今年の総選挙で47位に初ランクインした弱冠13歳の久保と、「2万年に1人の美少女」という異名を持ち、チーム8を中心メンバーとしてひっぱる15歳の小栗が、Wセンターを務める。

メンバーは初日メンバー16人に郄橋彩音・本田仁美・吉川七瀬(チーム8)・佐藤美波(16期生)を加えた20人。

キャプテンを任せられた村山(13期生)をのぞき、15期生、ドラフト生、チーム8、昨年末にお披露目されたばかりの16期研究生と、AKB48内でも最も若手の世代から選りすぐりのメンバーが選ばれており、最年長20歳、最年少13歳で平均年齢は谷口が「私が計算したんです」という発言によると、16.1歳となっている。

◆愛と夢をテーマにセットリスト構成


セットリストは「愛と夢」を軸に、SKE48公演曲、研究生やチーム8の楽曲などから幅広く構成。『チャンスの順番』で開幕すると、『チャイムはLOVE SONG』『RUN RUN RUN』、そして青木氏が“神曲”と愛する『LOVE修行』の王道ポップナンバー4曲をノンストップで歌った。

ユニットパート1曲目は、久保が16期生の田口、山内と王道アイドルソングの『ウィンブルドンへ連れて行って』を披露し、フレッシュさ全開に魅了。15期生の福岡、谷口、達家はビキニに制服のジャケットを羽織った衣装で『制服ビキニ』をセクシー&キュートに歌い上げ、最後はジャケットを脱いでビキニ姿で観客を沸かせた。

同じ15期の市川がセンターに立ったシリアスナンバー『汚れている真実』は、激しいダンスをパフォーマンスに定評があるメンバーでしっかりとまとめ、ベテランの風格すら感じさせる仕上がり。

そして、小栗は16期をバックダンサーにHKT48宮脇咲良のソロ曲『彼女』をカバーし、ユニット楽曲ラストはこの公演でキャプテンを任せられている最年長の村山がセンターで『明日のためにキスを』をパワフルに踊った。

◆アンコールで「Innocence」ラストはあの曲


終盤はチーム8の楽曲『夢へのルート』をセンターの田口がオリジナルメンバーの小栗と長を脇に従え、パフォーマンス。本編最後は『大人への道』で、アコースティックギターが得意な長の生演奏にメンバーが声を重ねていき、劇場に澄みきったハーモニーを響かせた。

アンコールは過激な歌詞のため、歌唱メンバーは年齢制限されている『Innocence』を間に入れる驚きの構成。谷口ら先輩メンバーを中心に色気たっぷりに魅せ、最後はフジテレビ系バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』とのコラボレーションで誕生したOKL48の知る人ぞ知る神曲『永遠より続くように』で、AKB48の“永遠”の繁栄を願った。

◆あおきー、“さとゆい”は「2020年のAKBの顔」


ゲネプロ後、囲み取材には青木氏、村山、谷口、小栗、長、久保、山内が出席。青木氏は「6月の頭に話を頂いて姉妹グループは無しで純粋なAKBの若手でつくるということで」と、経緯を明かし、最初にWセンターに決めた久保と小栗を「次世代の前田敦子と大島優子、さとゆいです」と紹介。「2020年の東京オリンピックを見据えて、AKBの顔になっているという見出しなるように選んでます」と2人に期待を込めた。

久保は青木氏の言葉に「東京オリンピックではAKBの顔になれるよう頑張ります」と笑顔でこたえ、小栗も「劇場公演では初のセンターで本当に選ばれたときは嬉しかったです」とコメント。小栗は「(久保と小栗は)“ふわふわ”って感じなんですけど、ステージではキリッとした表情を見せようねって話をしました」と明かし久保と顔を見合わせ、「前田と大島を超えたいか?」と質問されると、「超えたい。超えられるようにもっともっと自分たちに自信とか実力をつけたい」と頼もしく答えた。

◆セットリスト解説


セットリストについて青木氏は、「僕がすごい大好きな『LOVE修行』は絶対いれようということで(テーマは)『LOVE』。次世代のメンバーなので彼女たちの夢が詰まっていて、愛とか夢とかを歌った曲を中心に。愛と夢だけじゃなくて大人の女性に負けない『Innocence』とか『汚れている真実』とかも入れて毒もある構成にしています」と解説。

劇場公演出演回数が3年連続メンバートップの村山は「楽屋に帰ったときに(メンバーと)『忘れかけていたものを思い出してもらえるセットリストだね』って話をした。初心を思い出させてくれる素敵なセットリスト」と絶賛した。

唯一、ソロ曲を与えられた小栗は『彼女』について「ずっとやりたい曲という思いがあったのですごく嬉しい」と思い入れを語り、「ソロで出させていただくからには宮脇さんとは違った輝きを放たせるように頑張りたい」と意気込み。

また、『大人への道』でギター演奏を披露した長は、「アピールの場だなと思って自分の力を発揮できるように頑張りました」と笑顔を見せた。

◆村山彩希、理想のキャプテンは峯岸みなみ


公演では先輩メンバーにあたる谷口は、「(メンバーの中で)2番目に年上で気付いたらお姉さんの立場になってしまったという焦りと驚きを隠しきれないんですけど」と本音をこぼしつつ、「AKBの未来につなげていける公演にしたい」とコメント。

初期は峯岸みなみ率いるチーム4で成長してきた村山。キャプテンとして峯岸の話題に及ぶと、「みいちゃんの存在が当たり前すぎて、今みいちゃんの存在がすごかったって気付かされた」と峯岸の力をしみじみと実感した様子。理想のキャプテンを峯岸としていることを宣言し、キャプテンとして公演を引っ張っていく気概を示していた。(modelpress編集部)

■初日公演出演メンバー


<チームA>
谷口めぐ・樋渡結依
<チームK>
市川愛美・湯本亜美・久保怜音
<チームB>
後藤萌咲・達家真姫宝・福岡聖菜・西川怜
<チーム4>
村山彩希・千葉恵里
<チーム8>
小栗有以・長久玲奈
<16期研究生>
田口愛佳・武藤小麟・山内瑞葵

■セットリスト


記載なしはALL、☆はセンター
1.チャンスの順番 ☆久保
2.チャイムはLOVE SONG ☆小栗
3.RUN RUN RUN ☆後藤
4.LOVE修行 ☆樋渡
5.ウィンブルドンへ連れて行って(久保・田口・山内)
6.制服ビキニ(福岡・田口・達家)
7.汚れている真実(市川・後藤・湯本・武藤小・西川)
8.彼女(小栗 BD鈴木く・田屋・道枝・播磨)
9.明日のためにキスを(村山・樋渡・長・千葉)
10.LOVE TRIP ☆市川
11.夢へのルート ☆田口
12.大人への道 
〜アンコール〜
13.摩天楼の距離
14.Innocence
15.星空を君に
16.永遠より続くように ☆久保・小栗

【Not Sponsored 記事】