先日はオスカー・ヴェントの契約延長にも成功したボルシア・メンヒェングラードバッハ。これにより今夏はトラオレ、ゾマー、シュティンドル、ジョンソン、ヤンシュケに続き、さらなる主力選手の更新に成功した。

マックス・エベールSDは「我々の目的は、若い選手たちのためのベースを構築することにあった。そこで主力選手たちとの契約延長を結んだんだ」と明かし、「骨組み」を構築したことで、「若い選手たちをチームに落ち着いてはめこんでいくことができる」との考えを示している。

たしかにこれでグラードバッハにて今季で契約が切れる選手は、バックアップGKのハイメロートと、レンタルで加入したオックスフォードの2選手のみということに。その一方でまだコロジエチェクの移籍の可能性、そしてFWの補強の可能性も伝えられているところだ。

エベール氏は、今後の選手獲得の可能性について「基本的に補強は終わっているのだが、どんなチャンスが転がっているかもわからないから市場から目は話していない」との考えを示した。