造反行為のデンベレにドルトムント内部で非難の声 「自己中心的」「社会性が欠如」

写真拡大

バルサ移籍を求め練習無断欠席、チーム内での立場は危うく…

 日本代表MF香川真司の同僚で、ドルトムントに所属するフランス代表MFウスマン・デンベレは、バルセロナ移籍を切望するあまりにチームの練習を無断欠席するなどの規律違反を犯し、クラブから練習参加禁止などの処分を受けている。

 チームの記念撮影で不機嫌な表情を浮かべるなど、心ここにあらずの新鋭に対し、チームメイトが批判的な発言に出ているという。地元紙「ルール・ナハリヒテン」が報じている。

 バルセロナは今夏、移籍金2億2200万ユーロ(約289億円)でブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマンに流出したため、後釜のアタッカー獲得に必死になっている。ネイマールとブラジル代表で同僚のリバプールMFフィリペ・コウチーニョとともに、バルサの補強ターゲットになっているデンベレは、スペイン強豪への移籍の思いを強くした様子で、ドルトムントに反旗を翻している。

 チームメイトは若きウインガーの行動を、苦々しい思いで見ているという。記事ではデンベレに対して、チーム内で上がる厳しい声を紹介。「エゴイスティックで自己中心的」「社会性が欠如している」「個性がない」といった辛辣な発言を紹介しており、デンベレがチーム内での立場と信頼を失いつつあることが明らかになっている。

 バルセロナはドルトムントへ、1億ユーロ(約130億円)のメガオファーを準備していると言われるが、仮に交渉が成立せずに残留となった場合、デンベレにとっては苦しいシーズンになるのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images