余った薬味どうしてる?大葉を使い切れるレシピに注目!

写真拡大

夏の暑い日に食べたくなる冷たい麺類。薬味に大活躍の大葉ですが、数枚しか必要ないのにスーパーで買うと大量パッケージだったりすることも…。使い切れないことも…。そこで、大葉を簡単に消費するためのレシピを3つ紹介します。

●家庭でも焼き鳥屋の味!塩だれ青じそつくね

焼き鳥屋さんで定番のつくね。大葉を混ぜて塩だれ風味にすれば、手軽なのに本格的な味に! お酒のお供にも、ご飯のおかずにもぴったりです。

【材料】

・鶏ひき肉…300グラム

・酒…大さじ1

・塩…小さじ1/3

・大葉…10枚

・塩…小さじ1/3

・ごま油…大さじ2

・鶏ガラスープの素…小さじ1/2

【作り方】1) ボウルに鶏ひき肉、酒、塩を加えてよく練り、大葉をみじん切りにした物を加えてさらに混ぜる

2) 手にサラダ油をつけて1)を18個の団子状に丸める

3) 2)を耐熱皿にのせ、600Wのレンジで1分温める

4) 均等に熱が回るようつくね団子を並び替え、さらに600Wで1分加熱する

5) 塩、ごま油、鶏ガラスープの素を混ぜ合わせ、フライパンで温める

6) 5)で温めたタレにつくねを入れ、弱火〜中弱火で5分くらいかけてじっくり焼く

7) 焼き色が付いたらできあがり

ひき肉は胸よりもモモの方がやわらかくなるのでオススメです。電子レンジの加熱は長すぎると肉が固くなるので、弱めにしておくのがポイント。フライパンで火を通すので、完全に火が通っていなくても大丈夫です。

●10分で完成!お手軽大葉とトマトの冷製パスタ

余った大葉が10分で一気に大量消費! そうめんや冷や麦に飽きたら、ちょっと洋風にアレンジした、こんなレシピはいかが?

【材料】

・パスタ…200g

・大葉…10枚

・めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ3

・エクストラバージンオリーブオイル…大さじ2

・すりごま…大さじ2

・にんにく…1かけ

・黒こしょう…適量

【作り方】

1) お湯をたっぷり沸かし、塩を入れ、パスタを表示よりも1分くらい長めにゆでる

2) トマトを食べやすい大きさに切り、大葉を細かく刻む

3) ボウルにめんつゆ、オリーブオイル、すりごま、すりおろしたにんにく、トマト、大葉を入れてざっと混ぜる

4) パスタがゆであがったら氷水でしめ、ざるにあげて水気を切る

5) 3)のボウルにパスタを入れ、具材と絡ませたら完成 

トマトはあらかじめよく冷やしておくのがポイント。ツナ、クリームチーズ、アボカドなどを足したり、カリカリに炒ったじゃこや、海苔を乗せてもめんつゆと相性ぴったりです。

●ご飯がモリモリすすむ!大葉味噌

作り置きをしておけば、いつでもご飯やお酒がすすむ! 材料を混ぜて加熱するだけなので、作るのも取っても簡単です。

【材料】

・大葉…20〜30枚

・味噌…大さじ2

・砂糖…小さじ1

・すりごま…小さじ1

・酒…大さじ1

・みりん…大さじ1

【作り方】

1) 大葉を細かく刻む

2) 大葉以外のすべてをあわせて鍋に入れ、弱火で加熱しながら混ぜる

3) 大葉をあわせてなじませたらできあがり!

鍋で混ぜるだけなのに、いろいろな場面で使える一品。お椀にとろろ昆布と一緒に入れて、お湯を注げば即席みそ汁にもなります。

本格的なお店の味から、手軽なレシピまで、薬味以外にも使い道が盛りだくさんの大葉。これだけ美味しそうな使い道があるんだったら、冷蔵庫でひからびさせてしまうのはもったいないですね!

(文・姉崎マリオ)