ケヴィン=プリンス・ボアテングがラス・パルマスとの契約を解除…

写真拡大

▽ラス・パルマスは16日、ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(30)と契約を解除したことを発表した。

▽クラブの発表によると、選手の個人的な理由により契約解除に至ったとのこと。ボアテングは今後、記者会見を行いクラブやサポーターに別れを告げるという。

▽ヘルタ・ベルリンでキャリアをスタートさせたボアテングは、トッテナムやドルトムントを経て、2010年夏にミランに加入。ミランでは10番を背負い、通算114試合に出場。その後はシャルケ、そして2度目のミラン移籍を経て、昨夏にラス・パルマスがフリーで獲得。今年5月には3年間の契約延長をしたばかりだった。

▽ラス・パルマスは「ボアテングは家族の近くでキャリアを続けることになるでしょう」とし、最後に次のように感謝の言葉を述べている。

「ラス・パルマスは、スポーツにおいても個人においても、あなたの最大の成功を祈っています。そして、あなたが黄色いユニフォームを着て素晴らしいシーズンを見せてくれたこと、ファンの間に大きな愛情を注いでくれたことにいつまでも感謝しています」