地域で畳のサイズが違う?江戸間?6畳、8畳、10畳換算の平米で調べてみました!

写真拡大 (全4枚)

地方から上京した人が関東で物件探しをすると、思ったより狭く感じることがある。 “6帖”と表示されているし、畳もちゃんと6枚ある。なのに、この違和感は何? 畳の大きさが地域によって違うなんて話を聞いたことがあるけれど……。

なぜ畳のサイズが違うのか?

一口に畳と言ってもサイズには様々な種類があるのはなぜだろうか。この疑問を解決するために、全国畳産業振興会に電話で問い合わせてみた。

「畳の大きさは、実は地域によって異なります。畳一枚だとさほどの違いがなくても、6帖、10帖と空間が広がるほど、その差も大きくなるというわけですね。一番大きいサイズの畳は『京間』で、一般的に西日本エリア(関西、中国、四国、九州)で使用されています。それより少し小さいのが『中京間』で、主に愛知・岐阜・三重で多く見られます。さらに小さいのが『江戸間』。北海道から関東エリアまでの東日本エリアの大部分を占めています」(広報担当者)

住居人にとっては、畳一枚の面積が広い方がうれしいけれど、そもそも畳の大きさに明確な決まりはないという。地域によって違うとしか言いようがなく、どれが正しいという問題でもないそうだ。

「また、エリアに関係なく一番小さいのは、団地間という規格です。地方自治体が運営する公共団地によく使われているものですね」

ここで具体的に、代表的な畳の規格と、6帖でどれくらいの面積の差が出てくるのか、比較してみよう。

4種類の畳で6畳間を作成。その大きさの違いは歴然だ

京間 (畳/縦 191.0cm× 横 95.5cm)×6帖=10.9443平米
中京間 (畳/縦 182.0cm× 横 91.0cm )×6帖=9.9372平米
江戸間(畳/縦 176.0cm× 横 87.8cm)×6帖=9.2716平米
団地間(畳/縦 170.0cm× 横 85.0cm)×6帖=8.67平米

たとえば、もっとも大きい京間ともっとも小さい団地間を比較してみよう。
その差は、10.9443平米(京間)-8.67平米(団地間)=2.743平米。京間は畳1枚が1.82405平米だから、その差は一帖分以上も違うことになる。団地間で比較すると、実に2枚弱の差。つまり、京間の6帖と団地間の8帖はさほど変わらないのだ。

「ただし、地域による畳の大きさの話はあくまでそういう傾向があるというだけで、きっちり分かれているわけではありません。広島の一部では、江戸間が使われているなんて話もよく聞きます。畳屋は、設計された図面を基にその大きさに合わせて畳を作るため、言わばオーダーメイドに近い。たとえば、角に出っ張りがある間取りで、どの畳の規格とも合わない3.8畳なんてオーダーをいただくこともある。その場合は、0.2畳分を切って納めることになります」

ちなみに、不動産広告のルールでは、居室などを畳数表記する場合、1畳=1.62平米以上で換算するよう定められている。ということは、中京間(1畳=1.6562平米)あたりが、一般的な物件表示に近いといえそうだ。

沿線・駅から賃貸物件を探す
>沿線・駅から賃貸物件を探す

こんなにもある!?畳の種類・サイズ・特徴別のご紹介!

部屋の広さが違うように感じるその違和感、実は合っているかもしれない。畳の大きさは基本的には縦横比率が2対1となっているが、寸法はそれぞれの規格によって違いがある。
その理由としては、家の作り方が由来しているのだとか。

畳の寸法を決めてから家を作る「畳割り」と、柱と柱の寸法を決めてから、その中に畳が入るようにサイズ調整する「柱割り」という2つの方法があるため、畳のサイズが違うということが起きてしまうのだ。
上記で紹介した主な畳のサイズをより深く説明しよう。

京間、本間、関西間とは

京間は、茶室、民間、書院などを設計する際の基準尺のことで、畳割りに該当する。本間や関西間と呼ばれることもある。
京間の発祥は桃山時代と言われており、歴史も長いのが特徴だ。京間のサイズは、191.0cm×95.5cmとなっている。

実際どのくらいの平米数になるのかを算出してみると、6畳だと10.9443平米、8畳だと14.5924平米、10畳だと18.2405平米なる。
ちなみに、縦の長さが6.3尺あることから、六三間と言われることもある。

江戸間、関東間、五八間とは

江戸間とは関東間や田舎間とも言われることもある。
また、江戸間は縦の長さ5.8尺あることから、五八間と呼ばれることもある。

江戸間の発祥は名前のとおり江戸時代。人口増加に伴って効率的に住居をつくる必要性が出たことから家の柱を先に作ってそれに畳を当てはめる、柱割りが普及したと言われており、江戸間は、その時に当てはめられた畳だと言われている。江戸間のサイズは、176cm×88僂如6畳だと9.2928平米、8畳だと12.3904平米、10畳だと15.488平米となる。

中京間、三六間とは

中京間は、江戸間が普及した後に考案され、愛知県、岐阜県といった中京地域で多くみられる基準尺。
中京間は縦が6尺、横が3尺あることから、六三間と言われることもある。

中京間のサイズは182cm×91cmであり、6畳だと9.9372平米、8畳だと13.2496平米、10畳だと16.562平米となる。

団地間、五六間とは

団地間が広まったのは近代になってからであるため、京間、江戸間、中京間と比較すると新しい規格と言える。
日本が高度経済成長期に入った頃、住居のニーズが高まったことを受けて、アパートやマンションが多く建築されるようになり団地間と言われる基準尺が誕生した。
特に団地に多いことからこのような名前がついたとされている。縦の長さが5尺6寸あることから、五六間とも言われている。

団地間のサイズは170cm×85cmで、6畳だと8.67平米、8畳だと11.56平米、10畳だと14.45平米となる。

その他

上記の畳四天王の他にも、地域によって違う規格の畳が用いられていることがある。例えば、岡山県、広島県、山口県といった山陰地方では、六一間と言われる畳のサイズがある。
185cm×92.5cmの寸法で、縦の長さが6尺1寸であることが、その名前の由来となっている。畳の縦横比率は2対1が基本であるが、88cm×88cmと正方形の形をしている琉球間という畳もある。

地域によって畳のサイズが違うとは言え、「東京に住むから和室にある畳は江戸間」と推測するのは注意が必要であると言えるだろう。同じ6畳間のはずなのに、引っ越ししたら家具が収まり切らなかった!……なんて悲劇が起こらないよう、内見ではメジャーを使ってしっかり計測しておきたいところだ。

※この記事は2017年8月に加筆・修正されました。

(両角はるか+ノオト)

沿線・駅から賃貸物件を探す
>沿線・駅から賃貸物件を探す